さ行

杉戸ゼミ

さ行
ゼミテーマ

●研究会A
自然環境と災害(ローカル・サステイナビリティコース、環境サイエンスコース)

●研究会B
自然災害と防災を考える(すべてのコース)

担当教員

●杉戸信彦

ゼミ概要

●研究会A「自然環境と災害」(連続受講)
自然環境にかかわる理解と考え方は、持続可能な社会を構築する鍵のひとつです。本研究会では、自然環境そのものに加え、自然環境と人間社会のかかわりあいについて、災害という側面を重視しながら主に自然地理学的な観点から考え、自然環境が人間社会に与える影響や、人間社会のあり方を見つめなおします。

●研究会B「自然災害と防災を考える」(単年受講)
自然災害のすがたは、災害をもたらす自然現象(地震や豪雨など)、土地条件(ゆれやすさや浸水しやすさなど)、人間社会の備え(ハード面からソフト面まで)など、さまざまな側面によって決まります。本研究会では、自然災害と防災を取り巻く話題を、主に自然地理学的な観点から考えていきます。

ゼミ詳細

時の話題の紹介や文献講読、グループワークを実施します。研究会Aでは個人研究を、研究会Bではグループ研究をそれぞれすすめます。テーマや学習素材は皆さんの興味関心に応じて柔軟に検討します。調査法や発表法を身につけること、あるいは地図を理解することも目標としています。
必死なのに何をやっているかわからない、ということは多々あります。しかし、一見無駄に思えるそんな時間も含め、将来の自分を支えるバックボーンになっていくと思います。意欲をもって前向きに取り組んでください。