あ行

板橋ゼミ

あ行
ゼミテーマ
  • 美術・デザインと異文化交流の歴史
担当教員
  • 板橋 美也

ゼミ概要

このゼミでは、「デザイン・建築・ファッションにおける異文化交流」、「ジャポニスム」、「現代アートをどのように見ればよいのか」、「異文化の展示」など、さまざまな角度から、美術・デザインの歴史や異文化交流の歴史についての理解を深めています。また、クラスでの発表とその準備作業を通して、資料収集・分析能力や調査内容の概要を報告する能力を養います。研究会での様々な活動を通して、自らの文化・自明のものだと思っていた文化を新たな視点から捉えなおしてみましょう。

ゼミ詳細

春学期には、皆で同じ文献を読んで発表やディスカッションを行い、基礎的な知識を深めていきます。秋学期には、2年生は自分で選んだ文献について、3年生は自分の関心のあるテーマについて発表を行い、その発表にもとづいてゼミ生全員でディスカッションを行います。4年生は、1年間を通して自分で選んだテーマについて研究を進め、中間発表と最終的な成果報告を行います。そうすることで、段階的に主体的な学びの姿勢を身につけていきます。
また、随時、美術館での作品鑑賞やゼミのテーマに関連した建築物や史跡見学などの校外学習を行い、現地で実際に様々な作品を目にすることで、教室で学んだ知識をさらに広げるとともに、ゼミ生同士の親睦を深めています。
ゼミ生たちからは、「世界史が好きで入りました。今は、日本のデザインに興味があります。」「美術と考古学の関係や異文化交流について勉強したくて入りました。」「日本美術を通して日本の特性を知りたいです。」「講義『西洋美術史論』でイギリスの美術に興味を持ち、入りました。」などの声が寄せられています。

板橋ゼミ