グローバル教育・留学

学部独自の取り組み

グローバル教育・留学

SA(スタディ・アブロード)プログラム

語学のスキルアップと異文化の理解・融和をはかり、グローバル時代に対応できる素養を高めることを目的としています。行き先はボンド大学の附属語学学校(オーストラリア・ゴールドコースト)です。約15週間、ホームステイをしながら学びます。
対象は2~4年生(派遣時)、定員は10名程度です。前年度中に募集と選考を行い、その後準備を経て、概ね9~12月に実施します。SAで履修し習得した科目(単位)は「スタディ・アブロードI~VIII」(各2単位)として単位認定され、卒業単位に含まれます(最大16単位)。SA費用総額の30パーセント程度が給付される奨学金制度も整備されています。

派遣留学(協定校留学)

学部を問わず、2・3年生の応募者の中から選考のうえ、3・4年次に奨学金を支給し、各協定大学(2015年度現在:アメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツ等16ヵ国40校)に1年間派遣する本学独自の留学制度です。派遣先大学により奨学金が70~100万円が支給され、派遣先の授業料は全額免除されます(ただし留学年度の本学の学費は本人負担)。
また、留学先の大学で修得した単位は、学部により30~60単位を限度に法政大学の卒業所要単位として認定されます。

ERP(英語強化プログラム)

ERPは、英語学習に対して高い意欲のある学生を対象に、ネイティブスピーカーを中心とした講師による英語スキルの養成し、グローバル社会で活躍する人材を育成するプログラムです。

  • 英語力の総合的な底上げ
    listening、speaking、reading、writingの4つの技能統合を重視した授業!
  • 留学準備・留学後のフォローアップ
    実用的な英語が身に付くので、留学前の準備や留学後の英語力維持に最適です。
  • 外国人講師
    ほとんどの授業はネイティブスピーカーが担当します。
  • 少人数授業
    1クラス10名程度で、双方向の授業ときめ細かい指導。

人間環境学部では、1年生から受講でき卒業要件に含めることも可能です。

ESOP(交換留学生受入れプログラム)

海外の協定大学から広く交換留学生を受け入れるため、日本語修得の授業を除くすべての授業を英語で実施し、日本文化、社会、政治、経済などのテーマをゼミ形式で行うプログラムです。本学学部生も受講でき、日本にいながら国際コミュニケーション能力の向上と異文化交流を行うことができます。
人間環境学部では、1年生から受講でき卒業要件に含めることも可能です。

海外フィールドスタディ奨励金制度

人間環境学部では海外で開催するフィールドスタディにできるだけ多くの学生が参加できるよう、参加者に対し費用の一部を奨励金として支給します。対象となるコースや支給金額等については、募集時に掲示します。