教員紹介

竹本 研史

教授 TAKEMOTO Kenji

教員紹介
ゼミ(研究会) 竹本ゼミ
担当科目

ILAC:フランス語科目
学部専門科目:「現代思想と人間 I・II 」、「研究会 A 」
2022年度は、フランス国立リヨン東アジア研究所にて在外研究中

専攻分野

専攻分野: 社会哲学・思想史、フランス語圏文学、フランス地域文化研究
  
著書・論文: 竹本研史「個人の実践と全体化の論理――ジャン=ポール・サルトルにおける特異性の位相」、東京大学大学院総合文化研究科博士号学位請求論文、2019年。
澤田直編『サルトル読本』、法政大学出版局、2015年(分担執筆)。
小島聡・西城戸誠・辻英史『フィールドから考える地域環境――持続可能な地域社会をめざして[第2版]』、ミネルヴァ書房、2021年(分担執筆)。

翻訳: エマニュエル・ル=ロワ=ラデュリ/アンドレ・ビュルギエール監修『叢書「アナール 1929-2010」 III 』、『叢書「アナール 1929-2010」 V 』浜名優美監訳、藤原書店、2013年、2017年(共訳)。

趣味 実家の犬や自宅の猫と遊ぶこと、とにかく食べること(物欲より食欲)、惰眠、現実逃避の旅。
メッセージ あなた自身が何よりもまず持続可能であるように、社会はあらねばならないのです。
竹本 研史

竹本 研史