お知らせ

金藤正直研究会が㈱丸井グループのイベントに参加しました

  • 2021年05月17日
お知らせ


丸井錦糸町店で今回4回目となる、持続可能な開発目標(SDGs)について考えるイベント「ハッピーウィーク」が3月8日(月)~14日(日)まで開催され、ゼミ生は企画から参加しました。
このイベントでは、社員の方々の協力のもと、SDGsをテーマにしたすごろくゲームとクイズラリーを企画・運営し、約130名の方々に参加していただきました。
参加いただいた方々からは、SDGsに関して楽しみながら勉強することができました、という声が多かったことから、みんなで一緒に楽しみながら考える場づくりに貢献することができました。
※ゆびNews「丸井錦糸町店でSDGsについて考える「ハッピーウィーク」開催しました!」

ハッピーウィークを終えて
・来店された方々の中には、SDGsに興味のある方や関わっている方が意外に多いと感じた。普段関わることのない方々とお話することで、本来私たちが知識を提供する立場であるものの、自分たちの知らなかったことについても知ることできる良い機会となりました。
・来店された方々とお話しすると、自分が勉強不足なことに気づき、毎日勉強してから臨んでいました。学生の皆さんが頑張っているから参加しようと思ったのよ、また頑張ってねと言ってくださる方が多く、すごく嬉しく思いました。参加してくださるだけでも頑張る糧になっていたのに、人の暖かさを感じました。
・どのくらいの方々が来てくださるかは未知数だったが、結果的に約130名の方が参加してくださり、このイベントに参加することができて良かった。
参加してくださった方の中には、SDGsについて知識のある方や実際に活動をしている方も多く、自分たちが勉強させられることが沢山ありました。大学生活の中で最も刺激の多い1週間でした。

SDGsすごろくゲーム

SDGsすごろくゲーム担当のゼミ生の皆さん


また、丸井グループでは、今回4回目となるダイバーシティ&インクルージョンや、ウェルネス経営の取り組みを体感できる参加型イベント「インクルージョンフェス」が3月12日(金)~14日(日)まで開催され、ゼミ生は企画から参加しました。
このイベントでも、社員の方々の協力のもと、VRを活用した展示ルームにおいて、サステナビリティやウェルネスをテーマにした研究成果や動画を出展し、130名の方々に参加いただきました。
また14日(日)は、ウェブ対談『大学生が考える「ビジネスを通じて社会課題を解決するには」』にも参加し、社員や視聴者の方々との対話を通じて、「ウェルネス経営」について深く考えることができました。
※ゆびNews「「インクルージョンフェス2021」をオンラインで開催しました!」

インクルージョンフェスを終えて
・「ウェルネス」は自分自身だけに留まらず、自分の周りを含めてイキイキと幸せに生きていくことだと、社員の皆さまとの対談を通じて感じました。
また、社会課題に関して、社員の皆様が真剣に考えていらっしゃることが伝わり、社会課題を研究する金藤ゼミの学生と企業が、共に一体となって課題解決していく良いきっかけとなりました。
・健康経営について考えるとき、これまで企業が従業員にどのような労働環境を提供すべきなのか、という点のみに着目して研究してきました。しかし対談を通して、ウェルネスに対する理解を広める重要性についても考えることができました。
・今まで健康や元気などと仕事を両立するのは無理だと思っていました。しかし貴社のウェルネス経営を知り、また、社員の皆さまと対談していく中で、学生の研究にも興味関心を持って積極的に深く質問してくださる様子を見て、これがイキイキしながら働くということなのかなと感じました。こういう働き方を知ることができてとても良かったです。
・ウェルネス経営に実際に取り組んでいる社員の皆さまとお話しさせていただくことで、課題点や期待できる点など、新たな気づきを得ることができました。また、イベントを通して、ウェルネス経営の存在を周りの人に伝えることができたと思います。とても貴重な経験になりました。

社員の方々とゼミ生の皆さん