な行

根崎ゼミ

な行
ゼミテーマ
  • 人と自然・地域環境の関係史を考える
担当教員
  • 根崎 光男

ゼミ概要

根崎ゼミは、人と自然・地域環境とのかかわりの歴史構造を紐解きながら、そうした先人の経験知を現代の環境問題の解決や持続可能な社会の構築にも資することができるように考察しています。人と自然・地域とのかかわりは、その相互関係のみでなく、人と人とが社会で取り持つ関係と無縁ではありません。自然や地域の環境は人社会の営みと密接に関連し、人社会を律する仕組みや思考が色濃く反映されていました。その関係は、それぞれの時代・地域によって異なり、それが時代性や地域性を形作ることにもなりました。本ゼミは、歴史学という学問を用いて、人と自然・地域環境とのかかわりの歴史を創造しようというのが大きな目標です。

ゼミ風景

ゼミ風景

ゼミの詳細

ゼミの特徴

根崎ゼミでは、年間スケジュールの大枠は教員が提示していますが、ゼミ生個々の活動は自主性が尊重されています。このため、ゼミ生は各自の問題関心により研究テーマを設定し、調査・研究を行っています。このなかで、教員は研究の方向性や内容についての相談に対応しています。ゼミでの主な活動は、全員による文献資料の読解、グループごとの調査・研究活動、それに個人研究です。これらの活動のために、大学周辺のフィールドに出かけることもあります。ゼミでは幅広い年代にわたる研究が行われ、その範囲は古代から近現代に広がっています。
なお、歴史的見地からの研究であるため、古い時代の古文書・絵画・絵図などの実物に触れる機会が多いのも本ゼミの特徴といえます。そして、ゼミは研究内容を深めることが目標であるため、教員とゼミ生相互のつながりを大切にし、その一環として親睦会も年数回行われています。

 ゼミ合宿

毎年、ゼミ生が話し合いにより合宿のテーマ・場所を決めています。昨年度は、夏休みに2泊3日の行程で長野県内を巡回する合宿を実施しました。テレビドラマで織豊時代から江戸時代にかけての武将真田氏が取り上げられていたこともあり、長野県内の真田氏ゆかりの地で史跡や博物館を訪ね、またフィールド調査活動を行いました。座学と違い、現地に赴き、実際に見て、触れて感じ、考えることができるのが何よりの収穫です。合宿は、学内の調査・研究活動では味わえない、教員・ゼミ生全員で歴史にゆかりのある現地において交流を図るよい機会となっています。

  • 古地図を片手に大学周辺の史跡散策です。

  • ゼミ合宿。真田氏ゆかりの地を訪ねました。

  • 今日は息抜きだ!和気あいあいのゼミコンパです。