学生生活サポート

ゼミでの契約宿舎利用における宿泊料補助

学生生活サポート
4月8日~5月6日において、第一期「ゼミでの契約宿舎利用における宿泊料補助」の募集を行いましたが、応募総額が予算額に対して余裕があるため、6月24日より追加募集を行います。
詳細については、本ページ、「ゼミで契約宿舎を利用する場合の宿泊料補助について(補助金案内)」及び「ゼミ契約宿舎申込み手続き(宿泊予約)」をご覧ください。(6月23日更新)

法政大学のゼミ合宿で、法政大学生活協同組合が「ゼミ合宿の宿」として提携・紹介する宿泊施設を利用した場合、学生1人につき1泊あたり3,000円(年に1回1泊のみ)の宿泊料補助を行います。なお、補助金の申し込みと宿の予約は別に行う必要があります。

以下に詳細を紹介していますので、ご確認ください。

  • 本事業は、法政大学後援会の補助を受け実施しています。
  • 学外施設「富士緑の休暇村」の利用は本制度とは申込方法が異なります。本制度と重複して申し込みをしないようご注意ください。詳しくはこちらをご確認ください。
  • 申込にあたっては「ゼミ契約宿舎申込手続き(宿泊予約)」及び「よくあるご質問」をご確認ください。
  • ゼミ合宿の実施については、「フィールドワーク等の学外での授業及びゼミ合宿における行動方針レベル」に基づき行い、マスクの着用や消毒・手洗い等の基本的な感染防止対策に加えて、以下の①~③を行うこととします。
    ① 移動
    貸切バスで移動する場合、座席の間隔を十分に空け、定期的な換気を行う。

    ② 会場・会議室・部屋
    広さに余裕のある会場・会議室を利用する。また、宿泊を伴う場合は、個室を利用するか、対人距離が確保できる余裕のある部屋割りをする。

    ③ 食事・会食等
    食事中の会話は避ける、大人数での会食や酒宴の禁止。
  • 宿泊料補助の支給については、上記に基づき実施されたゼミ合宿のみに支給します。新型コロナウイルスの感染状況が悪化した場合、大学がゼミ合宿実施の中止を要請することがあり、この際のキャンセル料は利用者の負担となります(宿泊料補助は支給しません)。キャンセル料については、必ず法政大学生活協同組合に確認し、ゼミ担当教員に相談したうえで、予約を行ってください。