研究活動の支援

日本学術振興会特別研究員(DC1・DC2)申請支援制度

研究活動の支援

【2022年2月8日更新】2022年度より本制度の支援対象範囲をDC1に申請した大学院生にも拡大することが決定しました。

1.趣旨

日本学術振興会特別研究員制度は,日本学術振興会による運営事業で,若手研究者に主体的に研究課題を選ばせ,研究に専念する機会を与え,研究者の養成・確保を図る制度です。
若手研究者育成の促進を図るために効果的な施策であり,これからのアカデミックポジションを目指す大学院生にとって大変有益な制度となっています。
本学の院生に積極的に申請をいただくための一助として,DC1及びDC2に申請する院生に対し研究費を給付する制度を設けています。

2.応募資格

下記(1)又は(2)に該当する者
(1)本学大学院の修士課程に在籍し,日本学術振興会特別研究員DC1に申請した者
(2)本学大学院の博士後期課程に在籍し,日本学術振興会特別研究員DC2に申請した者

3.給付額

3万円

※申請者多数により,本制度の予算額を超過する場合は,給付額が減額される場合があります。

4.申請時期

日本学術振興会特別研究員(DC1・DC2)申請後の6月頃

※申請に関する詳細情報は,研究開発センターWebサイト「お知らせ一覧」(リンク)に掲載します。

5.参考

(1)2023(令和5)年度特別研究員(PD・DC)募集について
日本学術振興会において、2023(令和5)年度特別研究員-PD・DCの募集が始まりました。
申請を希望する場合には,受入先となる研究機関を通じて申請書を提出すること必要となります。
​詳細はリンク先からご覧ください。
​​​​​​2023(令和5)年度特別研究員(PD・DC)募集(2022年5月19日【木】学内締切)

(2)日本学術振興会特別研究員(DC1・DC2)申請に関する セミナー
毎年,4月初旬に特別研究員申請のためのセミナーを開催しています。詳細が決まり次第,研究開発センターWebサイト「お知らせ一覧」(リンク)に掲載します。

(3)科研費申請支援オンラインライブセミナー動画
日本学術振興会特別研究員DC1・DC2に申請する学生は,科研費申請支援オンラインライブセミナー動画を視聴することが可能です。
本セミナーの内容は,科学研究費助成事業(科研費)に申請する研究者を対象としたものですが,日本学術振興会特別研究員DC1・DC2の申請者にも有益な情報が多く含まれているためご覧ください。
※視聴希望者はWeb掲示板(Hoppii内)から,視聴方法をご確認ください【件名:日本学術振興会特別研究員DC2申請支援制度の支援対象範囲の拡大について(2022年2月8日付)】。
◇動画概要◇
科研費申請支援オンラインライブセミナー「科研費獲得のコツ」(2021年8月6日開催,1時間20分程度の動画)
【講師】久留米大学分子生命科学研究所 児島将康 教授
【内容】科研費申請の現状、応募戦略のポイント、気をつけるべき制度変更、新しくなった申請書の書き方・注意点・コツ等、科研費の申請者・その申請をサポートする支援担当者の双方に役立つ内容です。「申請書の書き方」に関しては、新フォーマットに対応した申請書の実例をもとに解説いただくことで、本年の申請に即実践できる内容を目指します。

6.担当事務

研究開発センター市ヶ谷事務課