研究活動の支援

在外研究員など

研究活動の支援

1.内容

在外研究員等は、教員を国外に派遣し,学術の研究調査,国際間の学術交流及び教授能力の向上を図ることを目的とした制度です。なお、在外研究員等の対象者の選定については、各学部等教授会において行います。

2.研究員の種類

(1)在外研究員
・概要
  本学の経費により,その専攻する学問分野について研究し,教授及び研究能力向上を目的として,長期又は短期の研究員として国外に派遣する制度。
・研究期間
  長期:6カ月超~1年以下/短期:3カ月超~6カ月以下
・資格
  教授,准教授,講師であって,かつ,専任教員として任命された後5年をこえている

(2)在外研修員
・概要
  本学以外からの給費又は自費によってその専攻する学問分野について研修のため,長期又は短期の研修員として国外に派遣する制度。
・研究期間
  長期:6カ月超~1年以下/短期:3カ月超~6カ月以下
・資格
  教授,准教授,講師であって,かつ,専任教員として任命された後2年をこえている

(3)在外出講員
・概要
  外国の大学又は研究機関等からの要請により,学術講義を目的として国外に派遣する制度。
・研究期間
  1年以下
・資格
  教授,准教授,講師であって,かつ,専任教員として任命された後2年をこえている

(4)交換研究員
・概要
  本学と外国の大学又は研究機関等との協定に基づき,協定先の大学等において研究教育に従事することを目的として国外に派遣する制度。
・研究期間
  協定による期間
・資格
  教授,准教授,講師であって,かつ,専任教員として任命された後2年をこえている

(5)海外出張員
・概要
  本学の経費又は本学以外からの給費若しくは自費によって,外国における研究調査,又は事情視察,国際会議等への出席を目的として国外に派遣する制度。
・研究期間
  3カ月以下
・資格
​​​​​​​  教授,准教授,講師であって,かつ,専任教員として任命された後1年をこえている

3.担当事務

各学部事務担当