HOME > キャンパスライフ > 奨学金・貸費金制度 > 民間奨学財団・地方公共団体等の奨学金


民間奨学財団・地方公共団体等の奨学金

各団体によって申請資格が異なり、募集時期も様々ですが、多くの募集は4月上旬に集中しています。大学に募集依頼があったものについては、そのつど奨学金専用掲示板でお知らせしています。

以下の表は、2016年度に学部生向けに大学へ募集があったものの抜粋です(2016.10.31現在)。年度によって、募集のない場合や申請資格等が変更になることがあります。
とくに、各都道府県市町村の奨学金については、大学にお知らせがこないことがありますので直接出身地の教育委員会などへお問い合わせください。

1.給付型奨学金(返還不要・抜粋)

(1)大学で面接を行い、各団体への推薦者を決定するもの 推薦できるのは1人1団体のみです。

所得及び成績条件を満たすことはもちろんのこと、その財団の奨学金の主旨を理解して、奨学生としての自覚を持ち、財団の開催する行事に参加し、他の奨学生との交流を大切にすることができる学生に向いています(OB、OGを含む奨学生同士の交流を重視し、奨学生の集いやセミナーなどを開催する財団が多くあります)。各種報告書・領収書の提出などを、学生が財団と直接行うこともあるため、自ら種々の手続きを滞りなく行うことが求められます。

*大学の推薦基準
1年生は高校の評定平均値4.0以上、2年生以上は累積GPA2.6以上
父母が給与所得者の場合は年収金額が1,000万円未満(税込)、自営業者の場合は所得金額が500万円未満

奨学団体の名称 概 要 申請資格 給付月額(円) 2016年度推薦者数・採用者数
小田急財団(安藤記念奨学金)    小田急沿線を中心とする地域社会において、その地域社会の健全な発展に寄与することを目的としている

1年生 

20,000  募集なし
オーディオテクニカ奨学会  株式会社オーディオテクニカの創設者・松下秀雄・和子夫妻の寄付により設立  都内在住の理工学を学ぶ2年生以上  20,000  募集なし

小原白梅育英基金  
城南信用金庫の創立者・故小原鐵五郎氏の遺志により設立された 1年生 50,000 2名・2名
笠原奨学財団 (旧)同栄信用金庫理事長 故 笠原慶彰氏により設立された 1年生 20,000 募集なし
樫山奨学財団  株式会社オンワード樫山の創業者・故樫山純三氏の私財供出により設立 1年生 40,000 1名・1名  
川本・森奨学財団  日本電気(株)の創設者・故川本種三郎氏の遺志により設立された  1~4年生  25,000  募集なし 

国土育英会 

経済的理由により修学が困難な人を援護する目的で設立  1~4年生  18,000  2名・0名
埼玉学生誘掖会 実業家故澁澤榮一氏、林学博士故本多静六氏らにより、社会に有用な人材育成目的に設立 埼玉県出身の1年生 年額
250,000

0名・0名

信濃育英会 ボランティア等あらゆる分野の活動を通じて、明るい社会に貢献している学生の援助を目的に設立 2年生以上 
一度応募した方の再応募はできません
年額
個人100,000
団体30万円
(採用年度限り)
0名・0名
1団体・1団体
春秋育英会  日本火災海上保険株式会社元社長斉田高三氏が私財を提供し設立
※30,000円のうち10,000円は貸与のため要返還 
1~4年生  30,000
※うち10,000は貸与 
2名・2名 
松栄奨学財団  三信電気株式会社の創立35周年を記念して、同社会長松永栄一氏が公益信託として設立した 理工・情報科学部2年生  50,000 

募集なし

末延財団 法学者 故 末延三次氏によって設立 英米法の専任教員をおく法学部の3年生 年額500,000 3名・3名
住本育英会 株式会社東京スタイルの創設者・故住本保吉氏の遺志に基づいて設立 1年生 20,000 2名・2名
大学女性協会  優秀な女子学生の勉学と研究活動を奨励することを目的として設立  2年生以上の女子  年額100,000
(採用年度限り) 
0名・0名
玉野教育基金  向学心がありながら、経済的理由により修学が困難な者に対し、修学上必要な学資金を給付して奨学援助を行い、将来社会に有用な人材を育成することを目的として設立 1年生  30,000  2名・1名 
中村積善会  篤志家故中村静尾氏の遺志により設立  1~4年生  30,000  2名・2名 
日新製糖奨学育英基金  日新製糖株式会社および故森永為貴氏とその一族の出捐により設立 都内在住で理工系学部の3年生以上  30,000  1名・1名 
日本証券奨学財団 社団法人日本証券業協会の発足に伴い各社の基金拠出により設立 2年生 自宅35,000
自宅外45,000
2名・2名
野﨑わかば会  情報化社会のさらなる発展に向けた人材の育成および教育環境の充実を目的に設立  1~4年生 30,000(採用年度限り) 

2名・2名

平山教育財団 株式会社電波新聞社と同社創業者故平山秀雄氏の出捐により設立 都内在住の1年生 10,000 1名・0名
フジシールパッケージング教育振興財団  株式会社フジシールインターナショナルの創業者・藤尾正明・弘子夫妻の出捐により設立  理工・デザイン工学部1年生  50,000  2名・0名 
古屋亨記念奨学基金  衆議院議員故古屋亨氏の遺志により設立  法学部1年生  50,000  0名・0名 
前澤育英財団  前澤工業株式会社創業40周年を記念し、同社創立者故前澤慶治氏とその遺族および前澤化成工業株式会社の関係者により設立 都内在住の1年生 35,000 1名・1名
三菱UFJ信託奨学財団  三菱UFJ信託銀行の元社長・故山室宗文氏の功績を記念して設立された  法・経済・社会・経営学部2・3年生  35,000  3名・3名 
吉田育英会<マスター21>  YKKグループの創業者吉田忠雄氏の発意により設立  大学院で自然科学系分野を専攻する予定の4年生 80,000 

0名・0名

(2)申請書類を大学で取りまとめて、各団体に提出するもの   

奨学団体の名称 概要・申請資格等 給付月額(円) 2016年度申請者数・
採用者数
大西・アオイ記念財団 香川県内の高等学校等を卒業した方 80,000 0名・0名
札幌市教育委員会 札幌市内に住所を有する方の子弟 9,000 1名・0名
ダイオーズ記念財団 大久保真一氏の功績を顕彰し、社会の健全な振興に資することを目的として設立

10,000

2名・1名
日本の翼育英奨学金 パイロットを志す学生に対し、訓練費用負担の軽減を図る目的で給付

5,000,000
(採用年度のみ)

8名・3名
ホリプロ文化芸能財団 卒業後、タレント・アーティストなどのマネージャーを方 30,000 10名・4名
守谷育英会 株式会社守谷商会の70周年を記念して設立 100,000 14名・0名
ヨネックススポーツ振興財団  専攻するスポーツ種目において、自他ともに認める力量がある方。または青少年スポーツ振興のために指導者を目指している方。ただし、申請時に30歳未満であること。給付期間は1年間。 *直接応募してもよい。 50,000以内  未定 
米濵・リンガーハット財団 鳥取県・長崎県内の高等学校等を卒業した方 20,000 1名・0名

(3)申請書類を各自で直接、各団体に提出するもの

奨学団体の名称 概要・申請資格等 給付月額(円)
池田育英会  愛媛県出身の工学博士・池田佐喜男氏が私財を伊予銀行に信託して設立
愛媛県内の高校卒業者または愛媛県内に居住する方の子弟で2年生以上。
 17,000
CWAJ(カレッジ・ウイメンズ・アソシエーション・オブジャパン) 視覚障がい学生奨学金などがある。応募の詳細は、CWAJウェブサイト(http://www.cwaj.org)の奨学金のページを確認し、申請書類もダウンロードしてください。

年額150万円等*奨学金の種類により異なる

起業家支援財団 起業家精神をもつ有為な人材を輩出し、神奈川県の経済社会の発展に寄与することを目的に設立
神奈川県在住者または神奈川県の産業振興を志す方。採用は1年間のみ。
年額360,000(採用年度限り)
篠原欣子記念財団 社会福祉国家資格の取得が可能となる学部(本学の場合は現代福祉学部が該当)1年生又は3年生 30,000(2年間)
朝鮮奨学会 30歳未満の韓国籍・朝鮮籍で特別永住者等の方
2年生以上
25,000
ツツミ奨学財団 堤征二氏および株式会社ツツミの拠出金により設立 45,000
井上和子奨学金
(人間塾)
日本の将来を担う若者の育成を理念に掲げて設立
30歳未満の日本国籍の方。応募書類は人間塾HPよりダウンロードしてください。http://ningenjuku.or.jp

100,000(原則採用年度限り)

山田長満奨学会 

給付は1年間。35歳未満の人。学校長、学部長または指導教官による推薦状が必要なため、早めに準備してください。要項等は、
 http://www.yamada-foundation.or.jp/pc/
よりダウンロードしてください。

120,000 
ヤマハ音楽振興会 

「音楽修学支援」と「留学奨学支援」があります。詳細および応募要項等はヤマハ音楽振興会HPよりダウンロードしてください。
http://www.yamaha-mf.or.jp/shien/ 

 100,000

貸与型奨学金(返還必要)

(1)大学で面接を行い、各団体への推薦者を決定するもの
  推薦できるのは一人1団体のみです。

奨学団体の名称 概要・申請資格等 貸与月額(円)

2016年度推薦者数・
採用者数

中村積善会 篤志家故中村静尾氏の遺志により設立
給付型の中村積善会奨学金との併給不可
70,000(うち20,000円は給付) 1名・1名

(2)申請書類を大学で取りまとめて、各団体へ提出するもの  

奨学団体の名称 概要・申請資格等 貸与月額(円)

2016年度申請者数・
採用者数

アキレス育英会 アキレス株式会社により、有為な人材の育成を目的に設立
1年生のみ

自宅20,000
自宅外30,000

0名・0名 
石川県教育委員会   石川県内に3年以上居住する方の子弟で日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていない方 *緊急採用は随時受付中 44,000 0名・0名
茨城県教育委員会  茨城県内に居住する方の子弟で日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていない方  自宅36,000
自宅外40,000 
1名・1名 
大堀育英財団  福井県出身の1年生。ただし、家計急変があった場合は2年生以上でも申請可能   40,000 0名・0名 
川崎市教育委員会  保護者が川崎市に1年以上居住している1年生 38,000  2名・0名
岐阜県教育委員会 

岐阜県内に住所を有する方の子弟 

32,000
日本学生支援機構奨学生は16,000

0名・0名

富山県教育委員会  富山県内に保護者等が住所を有すること
市町村や民間団体等の貸与型の奨学金を受けていない方
日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていない方(特例で認める場合あり) 
51,000  1名・1名

新潟県教育委員会 

新潟県内に居住する方の子弟
日本学生支援機構の第一種奨学金を受けていない方 
51,000 0名・0名 
福島県教育委員会 

福島県内の高校を卒業した方など
他の貸与型の奨学金を受けていない方 

40,000  2名・2名
宮崎県教育委員会(宮崎県育英資金) 

主たる生計維持者が宮崎県内に居住している方
日本学生支援機構奨学金、母子および寡婦福祉法による修学資金を受けていない方 

32,000又は
48,000又は63,000 

1名・1名 
山口県ひとづくり財団  山口県内に生活の本拠を有する方の子弟
日本学生支援機構やその他の貸与型の奨学金を受けていない方
52,000 2名・2名

(3)申請書類を各自で直接、各団体に提出するもの

奨学団体の名称 概要・申請資格等 貸与月額(円)
秋田県育英会 秋田県出身者
他の貸与型奨学金との併給不可
50,000
あしなが育英会  父母などが病気や災害もしくは自殺などで死亡したり、それらが原因で著しい後遺障害で働けない家庭 一般40,000
特別50,000 
大田区福祉部  保護者が大田区に一定期間居住している方 44,000以内 
沖縄県国際交流・人材育成財団  沖縄県に住所を有する方の子弟
日本学生支援機構奨学金やその他の団体から奨学金の貸与または修学資金の貸与を受けていない方 
55,000 
芸備協会  広島県出身者  20,000 
交通遺児育英会  父母などが道路における交通事故で死亡したり、著しい後遺障害のために働けなくなった家庭の29歳までの方  40,000、50,000、60,000から選択
上越市教育委員会(上越市学生寮奨学生)  上越市、妙高市、糸魚川市に3年以上住所を有し、そこに所在する中学校または高等学校を卒業した方  70,000 
常磐奨学会  福島県いわき市・茨城県北茨城市およびその周辺居住者の子弟 文系30,000
理工系35,000
トヨタ女性技術者育成基金  理系学部に在籍する1年次の女子学生に対し、指定された金融機関からの借入をした場合に、条件に応じて元金や利息の給付をする。 年額600,000 (利息等の給付)
長崎県育英会 長崎県内に住所を有する方の子
日本学生支援機構奨学金との併給不可
47,000
新潟市教育委員会 新潟市内に住所を有する方の子弟 年額400,000
日本通運育英会 

日本通運株式会社により社会に貢献する有用な人材を育成することを目的として設立
1・2年生

自宅15,000
自宅外20,000 

お問い合わせ先(各キャンパス奨学金担当窓口)

市ケ谷
学生センター厚生課 外濠校舎1階 TEL:03-3264-9486~9

多摩
学生センター多摩学生生活課 EGG DOME2階 TEL:042-783-2151

小金井
学生センター小金井学生生活課 管理棟2階 TEL:042-387-6011,6042

グローバル教育センター
外国人留学生について 58年館2階 TEL:03-3264-5475