HOME > 法政大学について > 法政大学の社会貢献 > 千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアムの取り組み


千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアムの取り組み

千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアムについて

2018年4月に、千代田区内の徒歩圏にキャンパスが近接する5大学(大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部、共立女子大学・共立女子短期大学、東京家政学院大学、二松学舎大学、法政大学)で「千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム」(千代田区キャンパスコンソ)を設立しました。千代田区と地域産業界等とともに、近接地の立地等を生かした大学間連携と地域発展の推進を図ることを目的として、様々な連携事業を展開しています。また、2018年9月に、千代田区及び千代田区商工業連合会と包括連携協定を締結しました。 

千代田区キャンパスコンソ中長期計画について(2019年7月策定)

千代田区キャンパスコンソは、2019年7月26日に「千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム中長期計画(2019~2024年度)」を策定しました。

これは、2018年9月に策定した「千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム基本方針」で示した千代田区等における高等教育を取り巻く環境や各大学の現状、ビジョン・目標や取組む事業等に加え、2024年度までの事業計画の内容とそれらのロードマップ、事業推進体制や実施事業に対する評価の方法等を示したものです。

千代田区キャンパスコンソはこの中長期計画に基づき事業を展開していきます。

関連リンク

単位互換制度について

2019年度オータムセッションより、コンソーシアムによる『単位互換制度』が始まります。『単位互換制度』とは、他大学等の授業を受講して修得した単位を、その学生が所属する大学等の単位として認定する制度です

コンソーシアムの構成大学から提供される、皆さんが所属する学部・学科では学ぶことができない特色ある科目を受けることができます。受講手続き方法については、『単位互換科目受講の手引き』をご確認ください。 

 

出願期間:2019年7月8日(月)~22日(月)

出願フォーム:出願はこちらから

各大学のWebシラバスページ

連携事業について

コンソーシアム設立以降、千代田区や地域産業界と連携して、様々な取り組みを行っています。

これまでのプログラム実績については、こちらをご覧ください。

 

事業実施結果および事業計画

2018年度事業実施結果

 2019年度事業計画

中長期計画の進捗と評価

共同IR報告

数字でみる千代田区キャンパスコンソ(共同IR)