新型コロナウイルスへの対応

感染症拡大防止のための注意、予防対策について

新型コロナウイルスへの対応

1 感染予防マニュアル

2 感染症拡大予防について

新型コロナウイルス感染防止の取り組み -えこぴょんからの10個のお願い- 

   新型コロナウイルス感染防止の取り組み -えこぴょんからの10個のお願い-.jpg


各キャンパスの構内では、感染症拡大予防のために以下の対策を講じています

(この内容は、今後の状況に応じて変更をおこなう場合があります)
(1)各キャンパスにおいて、構内各所に消毒液等を配置しています。 
(2)入構可能な門等を限定し,入構に関する案内掲示などを行っています。 
(3)入構時には検問ならびに検温(あるいは検温の確認)を行っています。 
(4)入退構時ならびに訪問先の事務室、施設等において、入退構(室)時刻等の記録を行っています。
(5)除菌効果が確認されている薬品類を使用して、清掃・消毒を行っています。
(6)対面授業で使用する教室は、一定の距離を保って着席するよう、着席不可とする席を設けています。
(7)窓口等の人と人との対面が想定される場所には,アクリル板や透明ビニールカーテン等を取り付け,飛沫感染防止の対策をとっています。 
(8)窓や出入り口の開放など,建物内の換気を確保しています。
(9)多摩キャンパスにおけるバス便については,乗車人数が過密にならないよう、バス会社と継続的に協議を行い,運行本数確保に努め、必要に応じて,臨時便の増発を行います。
 

 

すべての学生及び教職員に行っていただきたいことは,次のとおりです。

(1)不要な外出や人混みの多い場所を避けるようにしてください。
(2)毎朝の検温を習慣づけ,「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する健康状態記録表」(以下URL参照)に記 録のうえ,登校の際には同記録表を携行するようにしてください。

(3)マスク着用をお願いします。
(4)手洗い咳エチケットを徹底してください。
(5)石鹸による手洗いを励行してください。
(6)登校の際には,構内各所に設置した消毒液を使用してください。
(7)館内,教室内では身体的距離(1~2m)を確保してください。
(8)館内では換気を十分行うようにしてください。
(9)使用済みのマスクなどは,不要になった場合もキャンパス内で捨てず,ビニール袋などに入れて必ず持ち帰ってください。

学生及び教職員は,次のとおり対応をお願いします。
 これまで集団感染が確認された場に共通するのは,
(1)換気の悪い密閉空間であった
(2)多くの人が密集していた
(3)近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われた)
という3つの条件が同時に重なった場です。こうした場で多くの人が感染していたと考えられます。そのため,これらの3条件が同時に揃う場所や場に出向くことは慎んでください。

3 本学学生・教職員に感染者が発生した際の公表に関して

本学では、本学学生・教職員に感染者が発生した際、濃厚接触者の疑いがある関係者を特定できない場合など、感染拡大防止の観点から広く注意喚起する必要が高い場合には、感染者の人権並びに個人情報保護に十分な配慮をした上で、公表いたします。それ以外の場合には、感染者の人権並びに個人情報保護を重視して、感染者数の累計のみを公表します。