お知らせ

8月3日~9月17日のキャンパス入構ルール(一斉休業期間8月13日~19日を除く)

  • 2020年07月31日
お知らせ

2020年7月31日
法政大学

5月25日の「緊急事態宣言」解除に伴い、本学では6月1日(月)以降、キャンパスの入構制限等を段階的に緩和してきました。ところが、ここ数週間では新型コロナウイルス感染症が拡大傾向のままです。感染者も、依然として20~30代を中心に他の年齢層に広がっており、また感染経路不明の割合も高止まり状態です。
本学の場合、首都圏を中心に広範囲から通学する学生も多数いることから、さらなる感染症拡大防止のため、キャンパス入構ルールを一旦6月15日時点の1段階厳しいルールに戻しています。夏期休暇中の8月3日(月)~9月17日(木)の間も、この措置を継続します。
なお、9月18日(金)以降の入構ルールは、8月28日(金)を目途にお知らせする予定です。                              
今後の状況変化により、以下の対応を変更する場合があります。

(3キャンパス共通)
1 キャンパス入構可能な時間・入構口等について
  ※一斉休業期間は、8月13日(木)~19日(水)です。この期間は原則としてキャンパス入構ができませんので、ご注意ください。

(1)各キャンパスの入構可能な曜日・時間は、原則以下のとおりです。
   〇平日:9:00~17:00                                 
   〇土曜:市ヶ谷・小金井キャンパスのみ9:00~17:00(一斉休業期間8/13~19を除く)
   〇日曜・祝日及び一斉休業期間(8/13~19):入構できません
   詳細は、「法政ポータルサイト(Hoppii)」でご確認ください。
   また、入構に際しては、下記の「4 感染症拡大予防について」を事前に確認してください。
(2)市ケ谷キャンパスは外濠校舎門、小金井キャンパスは正門ではなく、けやき門脇の通用門から入構し、受付にて所定の手続を済ませてから訪問先に向かうようにしてください。
   多摩キャンパスは正門守衛所(受付)で所定の手続を終えてから入構してください。

2 学生の教室・事務室利用について
(1)訪問先への事前予約は原則不要です。
   ※キャリアセンターはキャリアセンターHPの指示に従ってください。
    市ケ谷キャンパス 多摩キャンパス 小金井キャンパス
(2)春学期授業終了後は、オンライン授業用の教室は閉室とします。
(3)各学部・大学院等の各事務室の窓口開設時間は、「法政ポータルサイト(Hoppii)」をご確認ください。図書館の開館時間は、図書館HPをご覧ください。

3 入退構手続
(1)入構の際、受付(入口)にて入構手続(入構時刻等の記録)を行ってください。
(2)訪問先の事務室でも、入退室時刻等の記録を記入いただきます。
(3)退構の際、再び受付(出口)にて退構手続を行っていただきます。

4 感染症拡大予防について
各キャンパスの構内では、感染症拡大予防のために以下の対策を講じています。
(この内容は、今後の状況に応じて変更を行っていきます)
(1)各キャンパスにおいて、構内各所に消毒液等を配置しています。
(2)入構可能な門等を限定し、入構に関する案内掲示などを行っています。
(3)入構時には検問ならびに検温(あるいは検温の確認)を行っています。
(4)入退構時ならびに訪問先の事務室、施設等において、入退構(室)時刻等の記録を行っています。
(5)除菌効果が確認されている薬品類を使用して、清掃・消毒を行っています。
(6)窓口等の人と人との対面が想定される場所には、アクリル板や透明ビニールカーテン等を取り付け、飛沫感染防止の対策をとっています。
(7)窓や出入り口の開放など、建物内の換気を確保しています。

すべての学生及び教職員に行っていただきたいことは、次のとおりです。
(1)不要な外出や人混みの多い場所を避けるようにしてください。
(2)毎朝の検温を習慣づけ、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する健康状態記録表」(以下リンク参照)に記録のうえ、登校の際には同記録表を携行するようにしてください。
  → (学生) 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する健康状態記録表(Excel)
  → (教職員)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する健康状態記録表(Excel)
(3)マスク着用をお願いします。
(4)手洗い咳エチケットを徹底してください。
(5)石鹸による手洗いを励行してください。
(6)登校の際には、構内各所に設置した消毒液を使用してください。
(7)館内では身体的距離(1~2m)を確保してください。
(8)館内では換気を十分行うようにしてください。
(9)使用済みのマスクなどは、不要になった場合もキャンパス内で捨てず、ビニール袋などに入れて必ず持ち帰ってください。

学生及び教職員は、次のとおり対応をお願いします。
  これまで集団感染が確認された場に共通するのは、
(1)換気の悪い密閉空間であった
(2)多くの人が密集していた
(3)近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われた)
  という3つの条件が同時に重なった場です。こうした場で多くの人が感染していたと考えられます。そのため、これらの3条件が同時に揃う場所や場に出向くことは慎んでください。

以上