HOME > 在学生の方へ > 各種申請・手続き > 除籍・復籍 > 大学院生の除籍・復籍について


大学院生の除籍・復籍について

除籍について(大学院生)

下記の事項の一つに該当する方は、本学の籍から離れる(除籍)ことになります。

  • 授業料その他(学費)を所定の期日までに納入しない者
  • 在学年限を超えた者
  • 休学期間を超えた者
内容 除籍日 当該年度の成績について
春学期除籍 4月1日 すべて認定されません
秋学期除籍 9月16日 春学期科目の成績のみ認定されます
在学年満期除籍 3月31日 すべての成績が認定されます

注意事項

  • 除籍日によって上記のとおり認定される成績に違いがあります。
  • 除籍時には学生証を大学院の窓口に返却してください。
  • 秋学期除籍は離籍年度の在学年を0.5年とします。

復籍について(大学院生)

  • 除籍となった方が本学への籍の復活(復籍)を希望するときは、「復籍願」を所属していた研究科の窓口に提出し、研究科教授会の許可を受けなければなりません。
  • 復籍は年度始め(4月1日)に限ります。ただし、人文科学研究科修士課程および博士後期課程、国際文化研究科修士課程および博士後期課程、経済学研究科修士課程および博士後期課程、政治学研究科修士課程、社会学研究科修士課程および博士後期課程、経営学研究科修士課程(夜間)および博士後期課程、キャリアデザイン学研究科修士課程、公共政策研究科修士課程および博士後期課程、デザイン工学研究科修士課程および博士後期課程、政策創造研究科修士課程の離籍者は、春学期の始め(4月1日)、または秋学期の始め(9月16日)に限ります。
  • 願書の提出は、年度始めの復籍は2月末日(市ケ谷キャンパスの文系大学院は1月末日)、秋学期始めの復籍は7月末日(市ケ谷キャンパスの文系大学院は6月末日)までに行ってください。
  • 復籍を許可された場合には、再入学金5万円と復籍する学年の学費1期分を納入していただきます。但し、再入学金の5万円は他校出身者のみ必要となります。学費の納入がない場合は、復籍許可が取り消されます。
  • 「復籍願」の用紙は下記からPDFをダウンロードしてください。また、所属していた研究科の窓口にもあります。