HOME > 教育・研究 > 教育プロジェクト > 各種教育プログラム(GPなど) > 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業【テーマB】インターンシップ等の取組拡大


産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業
【テーマB】インターンシップ等の取組拡大

「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」の選定を受けている大学・短期大学が形成するグループが地域でインターンシップ、PBL等のマッチング等を行う経済団体、大学団体、自治体及びNPO法人と連携し、大学等におけるインターンシップ等の拡大を図る取組を国として支援することを通じ、地域全体へのインターンシップ等の普及・定着を図るとともに、大学等におけるキャリア教育の充実を図り、平成27年度以降の卒業・修了予定者に対する就職・採用活動の後ろ倒しへの円滑な移行を支援するものです。

法政大学の選定取組

平成26年度採択
首都圏におけるインターンシップ等の拡充・高度化

申請単位:

期間:2014~2015年度(2年間)

取組概要:
取組テーマ

■2014年度

  1. インターンシップ、モデルプログラムの開発
  2. インターンシップの事前・事後研修プログラムの開発
  3. 評価測定手法の開発
  4. 受入企業の開拓
  5. マッチング機会を増やす仕組みの検討
  6. インターンシップの試行実施と改善策の検討

■2015年度

  1. マッチングの本格開始
  2. インターンシップの事前・事後研修プログラムテキストの発行
  3. 測定テスト運用開始
  4. インターンシップ参加学生及び受入企業への面接調査
  5. 受入企業の開拓

連携校名
青山学院大学、大妻女子大学、工学院大学、駒澤大学、芝浦工業大学、昭和女子大学、専修大学、拓殖大学、東京家政大学、東京電機大学、東京都市大学、東京未来大学、明治学院大学、目白大学、東京家政大学短期大学部、法政大学