HOME > 教育・研究 > 教育プロジェクト > 各種教育プログラム(GPなど) > 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業


産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業

産業界のニーズに対応した人材育成の取組を行う大学・短期大学が地域ごとにグループを形成して、地元の企業、経済団体、地域の団体や自治体等と産学協働のための連携会議を設置して取組を実施することにより、社会的・職業的に自立し、産業界のニーズに対応した人材の育成に向けた取組の充実を図る優れた大学グループの取組を国として支援するものです。

法政大学の選定取組

平成24年度採択
首都圏に立地する大学における産業界のニーズに対応した教育改善

申請単位:

期間:2012~2014年度(3年間)

取組概要:
取組テーマ

  1. 産業界のニーズの把握
  2. 社会的・職業的自立力の測定手法の開発
  3. 産業界のニーズに対応したカリキュラムの開発・体系化
  4. 産業界との連携による人材育成プログラムの開発
  5. 産業界のニーズに対応した技術者の育成

連携校名
お茶の水女子大学、青山学院大学、大妻女子大学、工学院大学、駒澤大学、芝浦工業大学、昭和女子大学、女子美術大学、専修大学、拓殖大学、東京家政大学、東京電機大学、東京都市大学、東京未来大学、明治学院大学、目白大学、東京家政大学短期大学部、法政大学