ハラスメントとは

大学におけるハラスメントとは、教育・研究、就学、就労のあらゆる場面において、相手の意に反した不快な言葉や行為を指します。相手が言動を「不当」「不快」と受けとめる場合はハラスメントになる可能性があります。

一方で価値観や感じ方の基準は人それぞれ多様なものであり、言動がハラスメントにあたるかどうかの境界線は、相手との人間関係や前後の状況により変化します。悪意が無く指導を意図した言動であっても相手からの思わぬ誤解を招く場合もあり、何がハラスメントに該当するかは慎重に判断する必要があります。
本学ではセクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメントを相談対象とします。

セクシュアル・ハラスメントとは

教育・研究、就学、就労の環境において、相手に対して、不適切で不当な性的言動を行うことにより、不利益又は不快を与え、精神的・身体的損害を与える人格権侵害をいいます。セクシュアル・ハラスメントは通常以下のように分類されます。

  • 対価型:
    意に反する性的な言動に対する対応(拒否や抵抗等)により、相手が不当な不利益を受けること。
  • 環境型:
    意に反する性的な言動により、教育・研究、勉学、就労の環境が悪化し、能力の発揮に看過できない程度の重大な支障が生じること。

セクシュアル・ハラスメントについては、男性から女性に対する言動が典型的ですが、女性から男性、または同性間の場合も含みます。

アカデミック・ハラスメントとは

教育・研究、就学の環境における権力を濫用し、相手に対して不適切で不当な言動を行うことにより、不利益や精神的・身体的損害を与える人格権侵害をいいます。

パワー・ハラスメントとは

就労における優越的な地位を利用し、その権力を濫用し、相手に対して不適切で不当な言動を行うことにより、不利益や精神的・身体的損害を与える人格権侵害をいいます。