大学の内部質保証に関する方針

本学の理念・目的に基づき、教育目標および各種方針を具現化するため、以下の方針により内部質保証を推進する。

1.全学的な自己点検・評価体制

本学における自己点検・評価は、全学的な自己点検評価推進体制を整備し、教育研究組織および事務組織等全ての部局が自主的かつ自律的にその質の向上に向けた改革・改善プログラムを策定・実施し、それらを踏まえて全学的な教学マネジメントを確立するとともに、その結果を公表することで社会に対する説明責任を果たすことを目的とする。

その目的を果たすため、法人の内部質保証に関する役割として以下の2点を前提とする。

(1)総長・理事会は法人として理念・目的を示し、内部質保証体制を構築するとともに、改革・改善に必要な経営資源を適切に用意する。

(2)大学評価の結果を踏まえ、法人のミッション・ビジョンの適切性、妥当性を確認するためレビューを実施する。レビューの結果は、次期の各種方針に反映させる。

2.部局における自己点検・評価

法人の編制方針に基づき設置される各学部等の教育研究組織および事務組織においては、以下の責務を果たすことが求められる。

(1)部局は、法人から示された各種方針に基づき、現状分析をふまえて方針・到達目標を策定する。

(2)部局の長は、部局内の中期目標を達成するための年度目標や必要に応じ行動計画を策定する。とりわけ事務部門は、教育研究活動を含む大学全体を支援する立場として積極的に関与する。

(3)部局の長は、方針・計画策定、実施、点検・評価、見直しが円滑に進むよう管理運営体制を適宜構築し、適切にリーダーシップを発揮する。

(4)部局の長は、積極的な内部コミュニケーションを通じて部局の内外との調整を図るとともに、問題認識および課題解決策に関する情報の共有化を図る。

 

3.大学評価室による内部質保証支援

大学評価室は、本学における内部質保証を担保するため、学内的に客観的な大学評価を行う体制を統括し以下の活動を推進する。

(1)大学評価は、各学部等全ての教育研究組織および事務組織を対象として客観的に点検・評価することにより、質の向上に向けた改革・改善への解決策を確認することを目的とする。

(2)評価基準については、大学設置基準および大学基準協会の基準による基盤評価ならびに目標到達度に対する達成度評価も考慮する。

(3)第三者による客観的な評価を行い、その結果を改革・改善への解決策の参考とする。

(4)自己点検・評価に必要な教育研究活動、事務活動を支援するデータベースを整備、分析し、積極的な活用に供する。

(5)大学評価の結果は、経営戦略の構築に供するためこれを総長・理事会へ報告する。