HOME > 法政大学について > 付属校 > 法政大学 女子高等学校


法政大学 女子高等学校

個性を発揮し、自主性・社会性のある女性を育む

生徒に身につけて欲しい学力を「自分自身が豊かに生きていくために必要な力」と考えています。学習と生活の両面にわたる活動を通して、自主性と個性を伸ばし、真の意味での自立がはかれるよう、教育課程を編成しています。6日制をとり、進路に応じた学習の充実をはかるため、2年次で文系・理系に分かれ、3年次から文系総合・文系アドバンスト・理系アドバンストの各コースに分かれて学習します。また、英語・数学・国語の一部授業ではクラスを二分割した少人数による授業を実施し、さらにTOEIC Bridge(R)の定期的な受験など、英語力育成にも力を入れています。

沿革

付属校として1949(昭和24)年に誕生した。前身の潤光学園をあわせると、その歴史は70年余になる。本校の名誉校長であった野上彌生子は、「女性である前にまず人間であれ」と述べ、新しい時代に生きる女性としての自覚を促し、本学が目指す教育の一つの指針となっている。

基本情報

開設年 1949年
入学(募集)定員 260人
教員数(専任) 37人
所在地 〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷1-13-1
TEL:045-571-4482(代)
お問合せ: girls-hi@adm.hosei.ac.jp