HOME > 法政大学について > 法政大学の歴史 > HOSEI MUSEUM > 2016年度 > Vol.92 戦後の都心キャンパスの一モデルとなった55年館と58年館


Vol.92 戦後の都心キャンパスの一モデルとなった55年館と58年館

2016年09月20日

511教室前の『論語』 の一節「學而不思則罔、思而不學則殆」(学びて思わざれば、すなわちくらし。思いて学ばざれば、すなわちあやうし)。511教室の位置に建設される南棟(仮称)に移設予定

511教室前の『論語』 の一節「學而不思則罔、思而不學則殆」(学びて思わざれば、すなわちくらし。思いて学ばざれば、すなわちあやうし)。511教室の位置に建設される南棟(仮称)に移設予定

この夏、富士見ゲート竣工に伴い、半世紀もの間、学生たちに親しまれてきた55年館と58年館の部分解体工事が始まります。

市ケ谷キャンパスは、第二次世界大戦で建物の約三分の二が灰燼(かいじん)に帰しました。1950年に就任した大内兵衞(ひょうえ)総長は、教学組織・機構の拡充、大学財政の安定化など困難な課題に立ち向かいつつ、失われた校舎の再建に取り掛かりました。急増した学生数に対応するため、53年館(大学院棟、1995年解体)、55年館、58年館の3校舎が相次いで建設されます。特に55年館と58年館は、モダニズムの名建築として学外にも広く知られ、芸術家の岡本太郎も完成直後の58年館を「私が見た世界の大学建築の中で、光線の考察や設備の点で群を抜いている」と絶賛しています。

大内総長が新時代の大学として目指したのは、従来の「少数のエリート養成機関」ではなく、学問への熱意を持つ全ての若者が集える学びの場でした。その意を受けて新校舎の設計を担当したのが、当時の工学部建設工学科の創設メンバーであった大江宏助教授(1953年に教授)です。

学生と教職員らのコミュニティーの場として設計された58年館の学生ホール。禅宗寺院の伽藍をイメージしたといわれる

学生と教職員らのコミュニティーの場として設計された58年館の学生ホール。禅宗寺院の伽藍をイメージしたといわれる

大江教授は「アカデミズムの府らしい重厚な建築」というイメージを持っていた石やレンガ造りを採用せず、総ガラス張りで外光をふんだんに取り込める、校舎としては画期的な建物を構想しました。

大内総長は就任の辞の中で、その当時の「貧弱」なキャンパスを前にしてあえて「学園とは、美しい建物と庭園とそして大きい図書館と立派な学生ホールである」と語っています。大江教授がモダンな環境の中に日本らしさを取り入れた「大内山庭園」と、58年館1階の「学生ホール」は、まさに、大内総長の言葉を具現化したものです。

55年館の511教室前に掲げられた孔子の『論語』の一節「學而不思則罔、思而不學則殆」は、大内総長の筆によるもの。これは新校舎に移設される予定で、大内総長が込めた思いを未来の学生に向けて発信し続けます。7月29日(金)には学生や教職員、OB・OG、関係者が思い出を語り合って愛着ある教室に別れを告げる「Good-bye511」が開催されます。新校舎へバトンをつなぐ時を刻むことになるでしょう。

取材協力:法政大学史センター

(初出:広報誌『法政』2016年度8・9月号)

飛石、池、築山を配した大内山庭園。築山は、学生たちから「大内山」と呼ばれるようになった

飛石、池、築山を配した大内山庭園。築山は、学生たちから「大内山」と呼ばれるようになった

511教室は、たくさんの学生が一堂に会して講義に集中できるように、当時としては珍しい蛍光灯による照明、スピーカーによる音響などの配慮がなされている

511教室は、たくさんの学生が一堂に会して講義に集中できるように、当時としては珍しい蛍光灯による照明、スピーカーによる音響などの配慮がなされている