HOME > 法政大学について > 法政大学の歴史


法政大学の歴史

3つの世紀にわたる挑戦の軌跡

自由を求める気運が高まった時代、法政の歴史はスタートしました

法政大学の歴史がスタートしたのは、1880年。そこから日本の法学の先人が情熱を注ぎ、学問を志す者が集まり、自由と進歩の学風が作られました。「東京法学社」として誕生して以来、法政大学は「学則」の第一条に謳われる通り、「民主主義の精神に基づき」、あまたの「公共の福祉に献身する」自立した人材を輩出してきました。 2010年、法政大学は創立130周年を迎えました。変化を恐れず、常に挑戦し続ける――歴史と伝統に甘えることなく、「進取の気象」をもって新たな改革に挑みつづけます。

建学の精神にみる法政大学の歴史

1880年の「東京法学社」としての建学から、「法政大学」として体裁が整うまでの歴史について振り返ります。


法政大学略年表

建学から現在までのトピックスを一覧で紹介します。


歴代学長・総長

法政大学の歴代学長・総長を紹介します。


ボアソナード・梅謙次郎没後100年記念企画

本学創立130周年を迎えた2010年は、ボアソナード、梅謙次郎の没後100年にあたります。「この100年の軌跡とこれからの大学」を検証するために、2012年 までの3年間にわたり、記念式典や資料展示、シンポジウムなどを行います。


HOSEI MUSEUM

大学が所蔵する資料や歴史について紹介します。


法政大学の紹介(動画)

法政大学の紹介(動画)

法政大学の歴史や施設紹介を動画でご覧いただけます。