HOME > キャンパスライフ > 学生生活サポート > 学生生活上の注意事項 > 緊急時の対応 > 台風や大雪、ストライキなどによる交通機関の乱れによる授業の取り扱い


台風や大雪、ストライキなどによる交通機関の乱れによる授業の取り扱い

台風や大雪などで交通機関が不通になったとき

法政大学では授業実施期間中に、台風や大雪等により公共交通機関に大きな乱れが生じることが予想される場合、あるいは学生の通学に危険が生じると判断した場合は、以下の通り授業を休講することがあります。

  1. 天候悪化等により首都圏の公共交通機関に大きな乱れが生じることが予想される場合、あるいは暴風警報の発令等により通学に危険が生じると考えられる場合、大学は当日の授業の実施について協議し、その結果を以下の通り周知します。
    a.1・2時限の授業について、当日6:00までに大学公式ツイッターに休講措置の有無を掲載します。また、6:30頃までに大学公式ホームページに同内容を掲載します。
    b.3~5時限の授業について、当日10:00までに大学公式ホームページに休講措置の有無を掲載します。
    c.6・7時限の授業について、当日15:00までに大学公式ホームページに休講措置の有無を掲載します。
  2. 事前に台風上陸等により公共交通機関の大きな乱れが生じることが予想される場合は、前日17:00までに上記周知の方法を大学公式ホームページに掲載し、学生・教職員に周知をします。
  3. 上記によらず、前日において翌日の授業実施に大きな影響があると判断される場合は、前日17:00までに翌日の授業休講を決定し、大学公式ホームページに掲載することがあります。

交通機関のストライキが行われたとき

交通機関のストライキに際しての授業の取り扱いは、次のように決められています。

    1. JRのストライキによりJRが運行されないときは、原則として次により授業を休講する。
      1. 午前6時までにストライキが解除されないとき、1・2時限の授業を休講する。
      2. 午前10時までにストライキが解除されないとき、1~5時限の授業を休講する。
      3. 正午までにストライキが解除されないとき、すべての授業を休講する。
    2. 上記のほか、京王線・京王バス・神奈中バスの全部またはいずれかのストライキにより、全部またはいずれかが運行されない(バスは、法政大学発着の路線が運行されない)ときは、原則として次により授業を休講する。
      1. 午前6時までに(バスは8時までに)ストライキが解除されないとき、多摩キャンパスにおける1・2時限の授業を休講する。
      2. 午前10時までに(バスは正午までに)ストライキが解除されないとき、多摩キャンパスにおけるすべての授業を休講する。