お知らせ

(2019年度卒業生の皆さんへ)法政大学校友会 佐々木 郁夫 会長から卒業生へのメッセージ

  • 2020年03月24日
  • イベント・行事
お知らせ

卒業生の皆さん、そして、保護者の皆さん、日本を代表する総合私立大学である法政大学のご卒業、誠におめでとうございます。

残念ながら本年の卒業式典は世界に広がる新型コロナウイルスから皆様の安全を守るために中止と成りましたが、法政大学を卒業したことは皆様の人生に取りまして、そして保護者の皆様に取りまして大きな意味の有る事だと思います。
本日目出度く学位を取得されました事に、心よりお祝いを申し上げます。法政大学卒業生の団体で有ります一般社団法人「法政大学校友会」の会長として、また一人の先輩として、一言お祝いと花向けのご挨拶を申し上げます。

一番目の話です。

皆さんは、明日からは正式に職業を持ち、より本格的に社会を構成するメンバーとして人生を進めて行かれます。

今、企業の現場では、「ワーク・エンゲージメント」と言う言葉が注目されています。 自分の仕事への「愛着心」とか「思い入れ」を意味しています。 この言葉は、人生を進めるうえで、職業への向き合い方を「ポジティブに捉え、イキイキと働く」姿勢を表しております。

人生を豊かにするためには「ワークライフ・バランス」を超えて「ワークライフ・ハーモニー」を高める方向へと進む必要が有ると考えられます。

最近の研究によれば、Well‐Beingの実現に向けては、人生の多くを使う仕事の時間に「夢中」に成れる生き方が大切だと言われております。

自分の仕事への愛着がオフの時間・家庭の充実にも繋がり、ハーモニーとしての「人生の質」を向上させるとの考え方です。

わが国はこのワーク・エンゲージメントの度合いが、OECD諸国の中でやや低いと言われており少し残念で有ります。

それでは、このワーク・エンゲージメントを高めるにはどうしたら良いのでしょうか。

私は、それには自分の取り組む「仕事への意味付け」がしっかり出来ていることが大切だと考えております。

皆さんがこれから社会で行う仕事は、全て社会に必要な「価値」作りで、人々はこの価値を利用して生活し豊かな人生を作っています。

私たち現代の社会を構成する人々は、出来れば、今よりもっと人々に役に立つ素晴らしい「価値を作り出し交換できる人財」に成りたいと思います。

地球上で一番繁栄してきたホモ・サピエンスは、屈強な生き物では無く、仲間と力を合わせることで生存競争を生き抜き、進化・発展をしてきました。 この意味では、「他者との協働は人類の本能」だと言われています。

私たちは、職業を通じて社会での役割を担う事に大きな喜びを得ると共に、自己実現を行っております。

従って、ワーク・エンゲージメントを高めるには、「自分の仕事が社会に取ってどのような価値を生み出すのか」に付いて、しっかり考え、定義することが大切だと思います。

この事が曖昧な場合、愛着心も生まれず、夢中には成れません。どのような仕事においても、自分の仕事の価値を社会貢献の視点からしっかり定義・認識して取り組んでいけば、仕事への思い入れが生まれ、必ずWell‐Beingが訪れると思います。

2番目に申し上げたい事は、人生で大切なことの一つが「ネットワーク」だと言うことです。

私は、ビジネスは「構想力と人脈」により創り出されると考えております。

先ほど仕事は価値づくりだと申しましたが、その価値創りも一人でやれる事には限界が有り、他者・仲間との連携・協働が必要です。

企業・組織での仕事でも、起業して行う仕事でも、個人で行う事業においても、共感・協働出来る人々とのネットワークが欠かせません。

皆さんはこれから社会人として生活を始めますが、長い時間を掛けて共感してもらえるネットワーク創りの旅に出ると言っても良いと思います。

そう考えますと、一番身近で頼りに成るネットワークの一つが、「青春のふるさと・母校」を同じくする法政大学の卒業生ネットワークで有る「法政大学校友会」です。

今年卒業される皆さんも、卒業と同時に法政大学卒業生が集う会で有ります 「法政大学校友会」の会員に成られますが、法政大学の卒業生は累計で48万人おられます。

この数は、現在日本に800ほど有ると言われる大学の中でも、ベスト5に入ると思います。

そして、法政大学の特徴は全国の各県あるいは企業組織、さらには世界のどこにも卒業生が沢山いると言う事です。

法政大学校友会は、母校を同じくする人に取って、最強のネットワークで有ります。校友会では若い人々のネットワーク創りに向けて、昨年秋に20・30代の方の集まりである「法政オレンジ・コミュニティー」を立ち上げ、活動を開始しました。

同世代の卒業生がネットワークを築けたり、卒業後も母校と関わることができる取り組みを多く提供できる場創りで有ります。是非、連絡用アドレスの登録、ウェッブサイトへアクセスをして下さい。

法政大学校友会は、母校を同じくする人に取って、最強のネットワークで有ります。そして、必ず皆さんの豊かな人生創りの強力な支援に成ると思います。

卒業後は是非、このネットワークに積極的にアクセスし、参加をして戴き、豊かな人生をお創り戴きたいと願っております。

結びに、法政大学を卒業した皆さんが、日本を代表する総合私立大学を卒業した事に誇りを持ち、使命感を持って社会に貢献して戴けますことを祈念申し上げ、私の挨拶を終わらせて戴きます。

2020年3月、法政大学のご卒業、誠におめでとうございます。