学費・奨学金・研究助成

経済的負担の軽減のための措置等に関する情報(大学院)

学費・奨学金

1.学費について

2.奨学金・助成金制度について

1.申請について:法政大学を通じて行います。
 申請に関するご案内は3月下旬に法政大学大学院webサイトに掲載し、申請期間は毎年4月上旬です。

2.ご参考:日本学生支援機構
【支給月額】
   (1) 第一種(無利息)
      修士課程相当:5万、8万8千円(平成30年度以降の入学者)
      博士課程相当:8万円、12万2千円
  (2) 第二種(利息付)
      5万、8万、10万、13万、15万円(法科大学院のみ19万円、22万円も選択可能)
  (3)入学時特別増額貸与奨学金(利息付)
      10万、20万、30万、40万、50万円(入学時の1回のみ)

3.特に優れた業績による返還免除について(ご案内)
(1)特に優れた業績による返還免除
  大学院で第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、貸与期間中に特に優れた業績を挙げた者として
  日本学生支援機構が認定した人を対象に、その奨学金の全額または半額を返還免除する制度です。
(2)(修士課程及び専門職学位課程)返還免除内定制度
  進学時に、貸与終了時に決定する業績優秀者の返還免除を内定する制度です。
  ※進学を予定している前年度に、本学を通じて申請を行います。
(3)(博士課程)返還免除内定制度
   当該年度に「博士(後期)課程」または「博士医・歯・薬・獣医学課程」1年次に入学し、
   第一種奨学生として採用された人が対象です。

4.国による大学院修士段階における「授業料後払い制度」について(ご案内)
(1)制度の概要(日本学生支援機構「 2024年度在学者用 貸与奨学金案内 大学院 」抜粋
   「授業料後払い」制度は、制度を利用する大学院修士課程等在籍者について、在学中
   は授業料を納付せず、卒業後の所得に応じて後払いすることを目的とする仕組みで
   す。
   具体的には、第一種(無利子)奨学金の枠組みによって、従来、奨学生本人に限っ
   ていた奨学金の振込先を、奨学金のうち授業料相当額について学校の受領を認め、学
   校がそれを授業料に充てることによって、学生が在学中に授業料を直接納付しない
   (*)ことを実現するものです。
     このため、基本的には第一種 奨学金の貸与を受けるときと同様の手続きが必要とな
     ります。あなたが在学中に受けた「授業料後払い」制度による支援は、支援の終了後
     に奨学金として返還しなければなりません。また、第一種奨学金と同様、優れた業績
     による返還免除制度の対象になります。
  (*)本制度を利用した場合の授業料の納付方法は、本制度に申し込む前に在籍して
   いる大学院にご確認ください。
(2)本学の対応について
 「授業料後払い制度」の募集は本学では入学後4月上旬に行うことを予定しています。
 そのため授業料相当分を含む入学手続金は入学手続期間内にお支払いいただき、奨学金採
 用後に授業料相当額(ただし上限776,000円)が授業料支援金として振り込まれることになります 。
(3)問い合わせ先
    大学院事務部大学院課 i.hgs@ml.hosei.ac.jp

5.問い合わせ先​​
 市ケ谷キャンパス :学生センター厚生課(外濠校舎 1階) 03-3264-9486 
 多摩キャンパス  :学生センター多摩学生生活課(EGG DOME 2階)042-783-2151
 小金井キャンパス :学生センター小金井学生生活課(管理棟 2階)042-387-6011 

3.長期履修制度について

4.雇用制度について

5.教育訓練給付制度について

6.家計急変時の各種制度について