多様な学びを支援する体制

法政大学データサイエンスセンター

多様な学びを支援する体制

センターについて

センター概要

数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP: Mathematics, Data science and AI Program)の教育の質保証を行うとともに、学生と社会をつなぎ、本学の目指す「実践知教育」を推進するため、「法政大学データサイエンスセンター」を設置しました。あわせて、データサイエンスの教育研究に関する様々な取り組みを行うために、本学のデータサイエンスやAIを専門とする教員が結集しました。

センター長挨拶

これからの社会は「情報化社会」の枠を越え、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させ、社会のあらゆる課題を解決する「Society5.0」の実現をめざすことが、日本政府によって標榜されています。そして、その実現を支えるのが、ビッグデータの利活用やAIの開発などによるDX(Digital Transformation)の存在です。これらの技術はビジネスや学術の世界だけでなく、日常生活のあらゆる面で浸透しつつあり、特に、新型コロナウイルス感染症下の社会ではその認知度を高めているところです。

「Society5.0」の理念は、経済や情報の一極集中化によって生じた、地域、年齢、性別、言語等による格差を解消し、一人一人が快適に暮らせる社会を実現する点にあります。よって、こうした人間にとって緊要な課題を解決するためには、人間主体の発想で適切にビッグデータやAIに向きあってゆくことが求められます。これは、同じくAI等の技術が課題解決に期待されている、SDGsやカーボンニュートラルの実現にあたっても、同様のことがいえます。

法政大学は建学以来、法の知識にもとづく自由で公正な社会の実現を追求してきました。そして、今、「法政大学憲章」に述べるとおり、社会の課題解決につながる「実践知」を創出しつづけ、持続可能な社会の未来に貢献することを責務として認識しています。したがって、社会の課題解決につながるデータサイエンスやAIに係る学術は、本学としてさらに力を入れる領域になっています。その際、技術革新に向けた研究を強化することはいうまでもありませんが、同時に重視されるのが、データサイエンスやAIの知識を適切に活用できる市民を養成することです。

2021年9月、法政大学データサイエンスセンターは、このような考えのもと、すべての学部の学生を対象に、数理・データサイエンス・AIの教育を推進するために設立されました。そして、文部科学省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」などを参照し、本学教員の多様な知見を結集して、「法政大学数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP:Mathematics, Data science and AI Program)」を開始しました。今後は15の学部の特色も取り入れながらプログラムを発展させ、新たな時代に向きあうための「実践知」育成の方途を深化させてゆきます。また、データサイエンスやAIの知識を運用するには、社会との接点が不可欠です。そのための教育・研究支援も視野に入れ、活動を展開してゆく予定です。

小秋元 段 センター長(常務理事・副学長)

運営委員

センター長:
小秋元 段 常務理事・副学長

委 員:
平山 喜雄  常務理事
明城 聡   教授(経済学部)
児玉 靖司  教授(経営学部)
河内谷 幸子 教授(ILAC/経営学部)
廣津 登志夫 教授(情報科学部)
安田 和弘  准教授(理工学部)
菊池 克仁  教育支援統括本部長


教育関連

法政大学数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP)

法政大学数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP)の詳細についてはこちら参照ください。

本学では、データサイエンスやAIを活用して、新しい価値を創造できる人材、持続可能な社会の構築に寄与できる人材を育成するため、全学部共通の「法政大学数理・データサイエンス・AIプログラム(MDAP: Mathematics, Data science and AI Program)」を9月から開講しました。本プログラムは、文部科学省による「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」の認定を見据えています。

【本件のポイント】


研究関連

本センターが開設した授業はフルオンデマンドで実施します。市ケ谷・多摩・小金井の3キャンパスの学生が、空間を超え、時間割を気にせず、自分のペースで学ぶことができます。本学が進める法政DXイニシアティブプロジェクト(副学長の下、本学の教育活動のDX化を推進するプロジェクト)の一環で、今後、ポストコロナを見据えた、学修方法や教育方法の研究についても取り組んでいく予定です。


自己点検評価

本学では、教育研究水準の向上に努め、教育研究活動の活性化を図るとともに、その社会的責務を果たしていくために、教育研究活動および大学運営について、毎年自己点検・評価を行っています。自己点検・評価結果は、毎年「自己点検・評価報告書」としてまとめられ、公開しています。

法政大学データサイエンスセンターの教育研究活動についても、自己点検・評価結果を公開する予定です。本学の自己点検・評価はこちらを参照ください。


イベント開催

開催したイベント

  • 9月22日 「数理・データサイエンス・AIプ ログラム(MDAP)」と「データサイエンスセンター(DSC)」 > 開設を記念した講演イベントを開催しました。ご参加出来なかった方向けに当日のイベント動画を公開(2021年11月30日迄)していますので、ご視聴ください。
     
  • イベント概要(2021年9月22日開催)