ビブリオバトル開催しました(多摩)

2013年04月29日

本のプレゼンをする大森さん

本のプレゼンをする大森さん

多摩図書館では、4月25日(木)の昼休みに、新入生歓迎企画「ビブリオバトル」を開催しました。

3名の学生が、おすすめする本のプレゼンを行いました。

本のあらすじだけではなく、自身の体験や感じたことも含めて本の紹介が行われ、ビブリオバトルのキャッチコピー通り、「人を通して本を知る、本を通して人を知る」貴重な機会になりました。

観客の投票の結果、現代福祉学部4年の大森研さんが紹介した『それでも人生にイエスと言う』(V.E.フランクル,1993,春秋社)が、最も読みたくなった本「チャンプ本」に選ばれました。

ビブリオバトルの様子

ビブリオバトルの様子

今回のビブリオバトルで紹介された本は、以下の通りです。

  1. 『それでも人生にイエスと言う』 V.E.フランクル
  2. 『武士道』 新渡戸 稲造
  3. 『永遠の0』 百田 尚樹

展示

展示の様子

展示の様子

ビブリオバトルで紹介された本は、紹介者のコメントとともに、多摩図書館2F-3F踊り場にて展示しています。

いずれもプレゼンターに感銘を与えた一冊です。
ぜひ手に取って読んでみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

多摩図書館
TEL:042-783-2284