『浮世絵』(市ケ谷)

2012年04月17日

展示の紹介

展示風景1

市ヶ谷図書館 2012年度 第1回企画展示を開始しました。

江戸時代の風景、風俗、遊女や歌舞伎役者などが描かれた浮世絵は、庶民層を中心に流行しました。現代でも浮世絵は人気があり、葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」など、一度は目にしたことがあると思います。
本展示では葛飾北斎、歌川広重、喜多川歌麿、東洲斎写楽に関連する資料のご紹介や、今年没後150周年となる歌川国芳の特集展示を行います。
市ヶ谷図書館閉架書庫B2F・B4Fの大型本コーナーには浮世絵やそれ以外の美術書も多数所蔵していますので、実際に手にしてみてはいかがでしょうか。

展示風景2

【展示風景】
場所:市ケ谷図書館・正面ロビー 展示ケース

 

市ヶ谷図書館閲覧展示担当

展示スケジュール

第1回:4月上旬~5月中旬「「北斎、広重、写楽、歌麿」
第2回:5月中旬~6月上旬「没後150年、歌川国芳特集」

お問い合わせ先:市ケ谷図書館 閉架カウンター 03-3264-9514