『BLUES』『星空を楽しもう』(多摩 展示案内)

2011年10月01日

後期展示 NO MUSIC NO LIFE

皆さんのお気に入りの音楽は、どんな音楽ですか?
クラシック、ジャズ、ブルース、レゲエ、ラップミュージック・・・一口に音楽と言ってもさまざまなジャンルがあります。
音楽は、それを奏でる人から耳を傾ける人へ、時代の波や社会問題を乗り越える力を与えてきました。たとえばラップミュージックは80~90年代、黒人問題や貧困層の生活を訴える手段の一つでした。
困難な時代でも、当時の写真には音楽とともに生き生きと暮らす人々の表情が垣間見えます。こうした表情を今回の展示ではお伝えしたいと思います。

10月テーマ「BLUES―with the Great Depression」

1929年10月24日、「暗黒の木曜日」と呼ばれるその日にウォール街の株価は大暴落しました。その後、畳み掛けるように大恐慌となります。1930年代はアメリカにとって、この不況からの脱却を目指す10年でした。
そんな中、ニューディール政策の下に設立されたFSAによって農村の「現状」が記録されました。この記録写真には、苦しい生活の中でも家族や親戚、友人同士で集い、ブルースに耳を傾ける農村の人々の姿があります。未曾有の大不況の中、音楽とともに生活していた人々のエネルギーを感じ取ってください。

10月のテーマ「BLUES」の様子
10月のテーマ「BLUES」の様子
【多摩図書館展示風景】場所:2Fエントランス

10月のテーマ「BLUES」の様子
10月のテーマ「BLUES」の様子
【多摩図書館展示風景】場所:2Fエントランス

10月展示 星空を楽しもう

10月展示「星空を楽しもう」の様子

10月展示「星空を楽しもう」の様子
【多摩図書館展示風景】
場所:2階中央階段前

暑さがやわらぎ、だんだんと秋らしくなってきました。
みなさん、夏の疲れは残っていませんか?
今月の展示では、星空を楽しむ本をご紹介します。
「星空を楽しむ」とひとことで言っても、観測・神話・写真・物語と様々な楽しみ方があります。
広大な星空に思いをはせれば、すっきりとした気分になり、夏の疲れを癒してくれます。
秋の夜長に1冊いかがですか?

この記事へのお問い合わせは多摩図書館までお願いいたします。
多摩図書館2Fカウンター TEL:042-783-2264