法政大学図書館 > アーカイブ一覧 > 展示 > 『新聞小説』(市ケ谷図書館2011年度 第1回企画展示)

『新聞小説』(市ケ谷図書館2011年度 第1回企画展示)

2011年05月17日

展示紹介

市ケ谷図書館展示風景

【市ケ谷図書館展示風景】
場所:市ヶ谷図書館 正面ロビー、展示ケース

現在私たちが目にする新聞の原型は明治初年に遡ります。この時代に創刊された多くの新聞は論説や報道を競って伝え、 それを読んだ人々の反応によって紙面は変化していきました。毎日掲載される「新聞小説」もそうした読者の反響によって生まれ、形作られていきます。小説の書き手も当時の世相や話題の出来事を作品に取り入れ、人々が共感できる問題を描きました。

本展示では明治時代から現代までの新聞小説を、当時の紙面をそのまま見ることのできる新聞縮刷版でご紹介します。

法政大学では新聞の縮刷版、復刻版を多数所蔵していますので、是非、地下書庫に足を運んで当時の新聞を手にとってみてください。

展示スケジュール

第1回:5月上旬~6月中旬「明治の新聞小説」
第2回:6月中旬~7月下旬「大正、昭和、平成の新聞小説」

この記事のお問い合わせは 市ケ谷図書館 閉架カウンター 03-3264-9514 までお願いいたします。