学生

最新記事

「アナウンサー志望者の集まりというより、さまざまな表現での作品づくりに取り組んでいます」と話すのは、代表の浦田さん。約70人が所属するアナウンス研究会は、出演者として声の表現などを担当する「アナウンス部」、音響や照明機材を操作する「ミキサー部」、ラジオドラマ(声劇)の台本作成や制作進行役を担う「プランナー部」に分かれ、お互いに協力し合いながら、作品づくりに取り組んでいます。

続きはこちら

バックナンバー