重要なお知らせ

2021年度「新入生向け」特設ページ「家で使える図書館サービス」

  • 2021年04月01日
重要なお知らせ

ご入学おめでとうございます。本学図書館は、国内、海外のデータベースや電子ブックを多数契約しており、学生はそれらを家でも利用することができます。
接続方法や検索システムの説明、代表的な電子ブックやデータベースについて紹介しますので、自宅での学習や就活に必要な情報収集にお役立てください。

0.図書館サービスアクセスの準備

自宅など学外のPCから図書館を利用するには、「VPN接続(AnyConnect)」が必要になります。
VPN接続には2種類ありますが、必ず「AnyConnect」を選択してください。

1.  新入生の皆さんへ<ようこそ法政大学図書館へ!>         ※在学生(2年生以上)はこちらから

 図書館は入学したらすぐに使える施設です。また、自宅やスマホからも利用できるサービスもあります。 

(内容)
・図書館について・・・図書館の概要を説明します。
・利用のしおり・・・各館で配布している冊子をPDFで閲覧できます。
・図書館利用ガイダンス・・・図書館の利用方法や図書の検索、データベースの使い方についての動画を用意しています。

2. HOSEI Searchを使ってみよう!

HOSEI Searchは、国内外の論文や電子資料、法政大学の所蔵資料をまとめて検索することができる便利なサービスです。

3. 非来館型サービスのご紹介

 図書館は本・雑誌だけではなく、電子ブックやオンラインデータベースなど「非来館型サービス」も多数
そろえています。
 VPN接続(AnyConnect)ができたら、電子ブックを読んだりデータベースを使ってみましょう。

(1)郵送貸出で本を借りてみよう!

(2)電子ブックを読んでみよう!

  • KinoDen
    紀伊國屋書店が提供する、学習書・研究書を中心とした学術和書電子図書館サービス。専用アプリ(bREADER Cloud)から利用すると付箋・マーカーなどの便利な機能が使える。
  • Maruzen eBook Library
    丸善雄松堂が提供する学術書籍に特化した国内最大級の電子書籍プラットフォーム。研究・学習での利用に便利な検索・閲覧機能が充実。
  • ProQuest Ebook Central
    世界の学術出版社・大学出版局が発行する97万点以上の良質で幅広いテーマの電子ブックを検索・閲覧できるデータべース。

PickUP! 電子ブック購入リクエスト受付中
上記の3つのプラットフォームの中で、読みたい電子ブックがありましたら図書館に購入リクエストをすることができます。
詳細はこちら
電子ブック購入リクエスト 2021.PNG

(3) データベースを使ってみよう!

データベースは編集や校正を経た記事が掲載されているので、信頼性が高くレポート作成時の資料として大変有用です。
データベースを使用する場合は、OPACへログイン(統合認証IDおよびパスワードの入力)が必要になります。

法政大学図書館が契約するさまざまなデータベースを活用してみましょう。

(1)新聞記事

(2)辞書・辞典

(3)日本の論文・記事をさがす

(4)海外の論文・記事をさがす

5.ScienceDirect(PPV方式)について

「PPV学生用申請書」をメールで受付けます。必要事項を記入のうえ、ScienceDirect担当宛にお送りください。
なお昨今の状況に鑑み、指導教授/授業担当者の署名・捺印欄は空欄でも構いませんが、別途担当教員から ScienceDirect担当宛に
承認する旨のメールを送ってもらうようにしてください。

※PPV(Pay Per View)とは,本学が購読契約をしていないタイトルに論文単位で課金して閲覧できる仕組みです。
 ScienceDirect担当:sciencedirectppv@ml.hosei.ac.jp   (@を半角に変えてください)。 

6. 新型コロナウイルスに関する出版社からの情報提供

新型コロナウイルス感染症防止対策で、各出版社が論文の無料公開や特設ページの設置などを行っていますので、ご活用ください。