法政大学ピア・ネット > 実施報告 > 課外教養プログラムプロジェクト > あなたの筆跡を診断!?人生をも変える筆跡のマジック!!

あなたの筆跡を診断!?人生をも変える筆跡のマジック!!

2017年12月13日

法政大学学生センター・課外教養プログラム(法政大学後援会補助事業)

ポスター

クリックで拡大します。

1.参加者数:15名

2.KYOPROスタッフによる実施報告:

2017年12月13日(水)、市ヶ谷キャンパスにて筆跡診断士の芳田マサヒロ氏をお招きし、「あなたの筆跡を診断!?人生をも変える筆跡のマジック!!」を実施しました。

当プログラムでは、自分の字と向き合うきっかけにすることと、手書き文字の面白さを知ることを目的としました。電子機器が急速に発達する現在でも大事な場面では文字を書かなければならないことが多くあり、書かれた字を見ただけでその人がどのような人物なのかということまで想像させます。また、「筆跡を変えれば性格が変わる」と言われるように、手書き文字は自分自身を変える力さえも含んでいます。今回読みやすい字(他人から好印象を持たれやすい字)について学ぶことは、今後大きく役立つ貴重な経験となりました。

プログラム前半は講義、後半は筆跡診断やグループワークを行いました。前半は、年齢相応の綺麗な字の書き方として、字形よく書くコツと字配りを磨くコツを学び、実際に練習しました。自分の字にコンプレックスを感じている人は多くいますが、普段何気なく書いている字も、教わったコツを意識して書くだけですぐに読みやすい字になることに驚きました。後半は、参加者が書いた文字をグループでシャッフルし、誰のものかわからない筆跡からイメージして感じた人間性を説明するという、筆跡インスピレーションのグループワークを行いました。自分の書いた字が他人からどのような印象を持たれるのかを実際に知り、自分を客観的に見つめることができました。

プログラム全体を通して、参加者の多くがメモを取りながら聞く姿が印象的で、プログラム終了後も多くの学生が残り、講師の方に自分の文字を見ていただくなど、とても盛況でした。

参加者からは、「自分の字と向き合うきっかけになった」「明日から実行できる内容だったのが良かった」「グループワークでの筆跡診断が面白かった」などの声がありました。今回のプログラムを通して手書き文字について学ぶことは、これからの学生生活だけでなく、社会人になってからも役に立つことと思います。

【報告・KYOPROスタッフ】髙梨 真希(文学部・英文学科2年)

KYOPROスタッフによる挨拶

KYOPROスタッフによる挨拶

講師による説明

講師による説明

講義中の様子

講義中の様子

グループワークの様子(筆跡インスピレーション)

グループワークの様子(筆跡インスピレーション)

集合写真

集合写真

プログラム終了後に講師へ質問する参加学生

プログラム終了後に講師へ質問する参加学生