法政大学ピア・ネット > イベント・ニュース > 課外教養プログラムプロジェクト > 映画から考える経済学「水戦争の時代を生きる-失われる水資源-」

映画から考える経済学「水戦争の時代を生きる-失われる水資源-」(3/10)

2014年03月10日

法政大学学生センター・課外教養プログラム(法政大学後援会補助事業)

ポスター

 枯渇する水について学び、環境問題に意識を持ち、解決策をみんなで考えます。

日 時2014年3月10日(月) 13:30-16:50
場 所

市ヶ谷キャンパス 外濠校舎S202

対 象本学学部生
定 員

15名

講 師

原伸子教授(経済学部、大原社会問題研究所所長)

内 容

●13:30- 講義 世界の水資源問題、食料資源問題について
●14:00- 映画 「ブル-・ゴ-ルド-狙われた水の真実」(サム・ボッゾ監督、2008年)
●15:40- ワーク グル-プディスカッション
●16:00- 講義 水の市場化、世界と日本の水に関する課題について

料 金無料 
お申し込み各キャンパスの学生生活課
お問い合わせ市ヶ谷学生生活課
03-3264-9475