あゆみとこれから

図書館略史

あゆみとこれから
1880年   東京法学社(講法局・代言局)が東京駿河台に設立
1881年   東京法学社の講法局を独立させ、東京法学校となる
1886年   日仏協会の前身である仏学会によって東京仏学校設立
1889年   東京法学校と東京仏学校とが合併して、和仏法律学校と改称。
1890年 7月 和仏法律学校が麹町区富士見町6丁目16番地に新築移転。講堂、事務室等とともに、書籍閲覧室を設ける。
10月 塩田孝太郎氏より仏蘭西書籍贈(塩田文庫)
1899年 3月 春季校友大会で「閲覧部設置並びに図書購入費等の調査」を決議
11月 同上決議により、閲覧室開室
1900年   醍醐侯爵家より和書寄贈
1903年   専門学校令により財団法人和仏法律学校法政大学と改称
12月 校友会秋季大会で、図書室拡充・蔵書充実を決議
1920年   大学令により私立大学の設置が許可され、財団法人法政大学となる
1921年 4月 現富士見校地に移転
1922年 10月 第2校舎に図書館閲覧室開設
1927年 5月 第3校舎(後の第一校舎)に図書館開館。蔵書の充実・業務の改善をはかる。
[日中戦争の長期化のなか、言論・思想統制が強まり、社会主義関係・反国家主義に関わる図書の警察への提出・閲覧禁止命令が出されるなど、 図書館は「暗い時代」におかれた]
1945年 11月 館内の整備のうえ、開館(午後9時まで)
12月 一般市民を対象に、有料で日曜開館(1952年6月まで)
1949年   学校教育法により新制大学として発足
1951年   私立学校法により学校法人法政大学となる。新制大学院を設置
1953年 10月 大学院分室開室
1955年 9月 第2閲覧室、開架方式で開室
1962年 5月 私立大学図書館協議会第23回総・大会、法政大学で開催
1964年 7月 小金井に工学部校舎移転。工学部図書館開館(小金井図書館の旧称)
1966年 4月 学生に対するコピーサービス始まる
1969年 4月 全共闘系学生に図書館が封鎖・占拠される(翌年6月まで)。
図書館再開後も「差別目録カード問題」「現代用語の基礎知識問題」など、さまざまな問題に直面した。
1981年 4月 80年館完成し、新図書館開館(現在の市ヶ谷図書館)。開架図書システムの導入
1982年 7月 私立大学図書館協会第43回大会・研究会、法政大学で開催
1984年 4月 多摩校舎竣工。多摩図書館開館
1987年 4月 目録のデータ化、多摩図書館を皮切りに始まる
1989年 4月 学術情報センターとの接続始める
1990年 11月 図書館開館100周年
11月 オンライン検索サービス(OPAC)開始
1992年 9月 多摩図書館、学生の閉架書庫への入庫始める
1993年 4月 多摩図書館、閉架書庫の蔵書の学生への貸し出し始める
1995年 4月 ライブラリーカード発行
工学部、南館に新図書館開館
1996年 11月 多摩図書館、地域住民への開放始める
1997年 4月 卒業生への開架図書の貸し出し始める
1999年 11月 図書館システムの更新
2000年 8月 「山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム」による相互利用が始まる
2001年 8月 多摩図書館、地域在住および地域の高校生へ図書館施設開放
2002年 11月 OPACでの取寄せ、予約サービス開始
11月 市ヶ谷図書館、学生の閉架書庫への入庫始める
2003年 4月 千代田区民(在住)への図書館開放
8月 第64回私立大学図書館協会総会・研究大会が本学で開催
10月 市ヶ谷図書館にガイダンスルームを新設
11月 図書館の利用に関するアンケート実施(初めての試み)
2004年 3月 「石母田文庫」冊子体目録刊行
6月 私立大学図書館協会東地区部会長校としての活動
  私立大学図書館コンソーシアム(PULC)幹事校としての活動
10月 図書館システムの更新
12月 「ドイツ文化センター寄託コレクション」の設置
2005年 3月 「法政大学図書館100年史」刊行
2006年 10月 市ヶ谷図書館富士見坂閲覧室開設
2007年 4月 「法政大学学術機関リポジトリ」運用開始
6月 「梅謙次郎文書」電子化公開
2008年 4月 市ヶ谷田町校舎閲覧室の開設
9月 小金井図書館南館B1F書庫の集密書架を増設
2009年 4月 「スイス・ロマンド文学コレクション」寄贈受入
4月 通信教育課程学生への資料郵送サービス開始
9月 第1回法政ミュージアム展示
2010年 10月 市ヶ谷図書館にラーニングコモンズを新設
2011年 3月 東日本大震災による影響(臨時休館等)
10月 図書館システムの更新
2012年 2月 図書館ホームページのリニューアル
2013年 3月 市ヶ谷図書館、多摩図書館で Twitterの利用開始
4月 学位規則改正により博士論文のインターネット公表が義務化される(学術機関リポジトリ)
9月 多摩図書館にラーニングコモンズを新設
2014年 5月 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス開始
6月 小金井図書館で Twitterの利用開始
10月 「正岡子規文庫」電子化公開
2015年 4月 SGU創成支援事業採択に伴い多文化コーナーを3館に設置
9月 小金井図書館にラ-ニングコモンズを新設