キャリアデザイン学部について

キャリアデザイン学部とは

「キャリア」と聞いて何をイメージするでしょうか?職業、とくに専門的な職業を連想する方も多いでしょう。英語のcareerの多様な意味の中でも、もっとも幅の広い意味、つまり人の生涯、経歴――これが私たちキャリアデザイン学部の考える「キャリア」です。


学部長メッセージ

キャリアデザイン学部は、2003年4月に設立されました。当時、「キャリアデザイン」という学部コンセプトは、日本で最初のものでした。今でもオンリーワンに近いポジションを保っています。


キャリアアドバイザー制度

キャリアデザイン学部には、キャリア開発やカウンセリングの専門スキルをもって学生生活を支える学部専属のアドバイザーがいます。学生の種々の相談に応じるほか、キャリア体験学習やキャリアサポート実習等授業のサポートを行っています。


ピアサポート活動

キャリアデザイン学部の学生は、他者のキャリア形成を支援する力をつけるよう、在学中からさまざまなサポート活動を展開しています。


在学生の活動

さまざまな活動をしている在学生や、学生の1週間スケジュールを紹介します。


社会へと開く学び

キャリアデザインという新しい考え方、それをめぐる研究の成果を広く社会に還元したい。そう考えるキャリアデザイン学部は、2003年の設立以来毎年、次のようなキャリアデザインにかかわるテーマでシンポジウムを実施してきました。


学部パンフレット

キャリアデザイン学部パンフレットをPDFでご覧いただけます。


キャリアデザイン学部の理念・目的

本学は、高等教育機関としての公共的使命の重さを認識し、教育研究の質の向上に取り組む姿勢を社会に広く表明するため、大学および各学部・研究科の「理念・目的」と「教育目標・各種方針」を策定・公表しています。