ま行

松浦ゼミ

ま行

理念と行動指針

「松浦ゼミ」は、2017年9月にスタートした比較的新しいゼミです。
現在は、教員1名、4年生(3期生)11名、3年生(4期生)11名で活動を行っています。
「松浦ゼミ」には理念と行動指針があります。これは、松浦ゼミに集った多様なメンバーが、より高い目標に向けてメリハリある活動ができるようにとゼミ生(1期生)が作ったものです。

ゼミ3~4期生(2021年4月)

 理念 行動指針 
 Peace 壁を作らないで、輪を作る
 Liberty 個人を尊重し、本音で話し合えるような空気を作る
 Innovation 自ら問いを立て、変化し続ける

普段のゼミ活動

「思いを実現できるビジネスパーソン」(仕事ができる人材)になれるよう、ゼミ活動=経験学習の場として、ゼミ活動を仕事のように進めています。
ビジネススキルの醸成のため、社会人を招いて開催する発表会等の運営や外部との折衝も、ゼミ生が担当します。

普段のゼミ活動の様子は以下でも発信していますので、よろしければ閲覧・フォローいただけると幸いです。

ツイッター法政大学 松浦民恵ゼミ、@tami_semi(twitter.com/tami_semi)

3期生の普段のゼミの風景(2019年10月)

2年生の秋学期には、まずはゼミ生の知識を増やすためにABD(Active Book Dialogue)を行います。本を読み、発表・共有化し、対話をするというプロセスを通して、より幅広い視点の気づきが生まれ理解度が深まります。
知識が増えると世の中の見え方が変わり、おかしいと思うことも、面白いと思うことも増えていくと実感できるようになることが当面の目的です。

3期生のABDの様子(2019年10月)

3年生は共同研究を行います。グループ別に問いを立て、調査をし、社会に向けて提言を行います。
調査の構想や内容をゼミ生・社会人に発表する機会が設けられます。実際にビジネスや研究に携わっている社会人の方々からコメントをいただきます、懇親会も含めてざっくばらんに意見交換ができるのは貴重な機会となっています。

2期生の共同研究発表会(2019年11月) 注:2020年度はオンライン懇親会を実施。

4年生はゼミ活動の集大成として卒業論文を執筆します。構想段階からの社会人との対話、ゼミ生同士の内容共有・意見交換、教員の指導を通じて、卒業論文を自己の作品として練り上げていきます。卒業論文についても、社会人も招いて発表会を行います。

1期生の卒業論文(2019年12月)

ゼミのテーマは幅広いですが、テーマ設定に当たっては「面白いこと(ユニークであること、誰かの役に立つこと)」と「自分がやりたいこと」にとことんこだわり、研究成果を社会に還元します。

2期生の卒業論文発表会(2021年1月)

ゼミ生からのメッセージ

私たち、松浦ゼミでは、頼れてユニークな松浦先生を中心に、個性豊かな3年生11名、4年生11名の総勢22名(2021年4月現在)のメンバーで活動しております。2年次には課題図書を通して研究の基礎を学び、3年次に3・4人程度のグループで共同研究を行います。そして、4年次に卒論の執筆へと活動を広げていきます。

昨年は新型コロナウイルスの影響により、どうしても活動は制限されてしまいましたが、逆境を活かしオンラインで様々な活動を繰り広げました。松浦ゼミでは「働くこと」を主として研究していますが、取り扱う内容は本当に幅広く、先輩方の研究は非常にユニークなものばかりです。また、「思いを実現できるビジネスパーソン」を目指し活動しているため、ゼミ生は主体性などの今後必要になってくるものを獲得することが出来ます。そして、社会人の方と触れ合う機会が非常に多いことも松浦ゼミの強みと言えます!

こんな松浦ゼミで、楽しく有意義な時間を過ごしませんか?

(3年 ゼミ長 影山瞬生)
2021年4月更新

  • 1・2期生の合宿①(2019年9月)

  • 1・2期生の合宿②(2019年9月)

  • 2・3期生のオンライン・レク(2019年9月)

  • 2期生の卒業お祝い会(2021年3月)