キャリアデザイン学部の理念・目的

キャリアデザイン学部は、「自由と進歩」という本学の建学の精神を踏まえ、生涯学習社会におけるキャリアデザインの歴史と現状、課題、キャリアデザインの理論と方法、政策等に関する教育・研究を行うことを目的とする日本で最初の学部として、そうした研究・教育機関への社会的ニーズの高まりを背景に、2003年4月に設置された。人文・社会科学の両領域にわたる研究を通じて、人間発達や人材育成・開発、個人のライフキャリアの問題に学際的にアプローチすることをめざしているが、主要な学問的基礎には、(1)家庭・学校・地域・生涯学習社会における学びに焦点を当てる「教育学(発達・教育キャリア領域)」、(2)企業組織やビジネス領域におけるキャリア形成に焦点を当てる「経営学(ビジネスキャリア領域)」、(3)コミュニティや社会におけるライフキャリアに焦点を当てる「文化・コミュニティ論(ライフキャリア領域)」を置いている。
こうした諸研究の成果に基づき、本学部が教育の目的とするのは、(1)自己の学び方、働き方、生き方を自らデザインすることのできる自律的人材の養成であり、同時に、(2)他者の学び方、働き方、生き方のデザインや再デザインに関与しつつ、その支援を幅広く行うことのできる専門的人材の育成である。

アドミッションポリシー

本学部の教育目標を理解した者であって、下記の資質・能力を備えた学生を受け入れる。

  • 高校までに履修する科目について、入学時に十分な基礎的知識を身につけている
  • 現実の社会の在り方とその中での人々のキャリアに関心をもっており、学問的に考察を深める意欲をもっている
  • 多様な他者の価値観を尊重したうえで、多様な人々と主体的に関わる意欲をもっている

多様な学生が関わりあう中で学びあうことを重視する観点から、下記の通り、様々な入試経路を通じて多様な学生を受け入れる。

  • 一般入試(A方式、T日程および大学入試センター試験利用入試):十分な基礎的知識にもとづく思考力・判断力・表現力を備えている
  • 推薦入試(指定校推薦、付属校推薦、スポーツに優れた者の特別推薦入試):十分な基礎的知識をもち、本学部における学びへの高い意欲をもっている
  • 特別入試(キャリア体験特別入試(自己推薦)、グローバル体験公募推薦入試、商業学科対象公募推薦入試、国際バカロレア利用自己推薦入試):十分な基礎的知識をもつとともに、多様な経験を積んでおり、自らの関心や学びの展望について的確に表現することができる

カリキュラムポリシー

本学部では、学位授与方針を踏まえ、以下の通り教育課程を編成・実施する。

1.教育課程
教養教育科目と専門教育科目から構成する。教養教育科目(市ヶ谷基礎(ILAC)科目)においては、幅広く深い教養および総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養する。専門教育科目は少人数演習型授業と講義科目、体験型授業によって構成し、系統的な履修を促す。

2.初年次教育
教養教育科目を幅広く履修することに加え、アカデミックスキルの習得を目的としながら学部の専門教育科目への関心を高めるねらいをもつ「基礎ゼミ」を1年次春学期の必修科目として位置づけ、少人数演習型授業として実施する。また、1年次から専門教育科目のうち基幹科目の履修を促す。

3.専門教育科目
 (1)少人数演習型授業
「基礎ゼミ」の履修を前提に、調査研究法の基礎を習得する科目の履修につなげる。2年次秋学期から4年次にかけては、専門的な学びを深めることを目的とした演習(ゼミ)を設け、卒業論文の執筆を通じた研究成果の取りまとめを促す。
 (2)講義科目
「基幹」科目の幅広い履修を踏まえて「発達・教育キャリア」「ビジネスキャリア」「ライフキャリア」の3領域のいずれかを選択し、「展開」科目において専門的な学びを深めるよう促す。これらと「関連」科目をあわせた系統的な履修を促す。
 (3)体験型授業
企業・学校・コミュニティなどにおける他者との関わりを通じた体験的な学びとスキルの習得を目的とした体験型授業を必修科目に位置づけ、知識と体験の統合を促す。

ディプロマポリシー

所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して「学士(キャリアデザイン)」を授与する。

キャリアデザインが求められる社会的背景、およびキャリアデザインに関する基本的な知識やアプローチの方法について幅広く理解している。
特定のアプローチについては、専門的知識を有し、それを活用できる。 
キャリアデザインに関わる社会現象や政策・施策等について、自ら研究を深め、一定の成果を残すことができる。