HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2016年度 > 第134回学位授与式・2015年度大学院学位記交付式


第134回学位授与式・2015年度大学院学位記交付式

2016年04月08日

3月24日(木)、第134回学位授与式が行われました。午前中は小雨が交じるあいにくの天気でしたが、午後には青空がのぞき、会場となった日本武道館(千代田区北の丸公園)には午前の部・午後の部合わせ約1万1000人の参加者が集まりました。

式典では来賓にQRコードを開発した株式会社デンソーウェーブの原昌宏氏(1980年工学部卒業)をお招きし、祝辞を賜りました。

式の後は市ケ谷・小金井キャンパスの各教室で学位記の授与が行われ、教員や友人らと共に新たな門出を喜ぶ姿が見られました。

また、3月26日(土)には、市ケ谷キャンパス薩埵ホールにて大学院経営学・公共政策・キャリアデザイン学・政策創造・環境マネジメント研究科の修士課程修了者対象の学位記交付式が行われました。
この式典は、より多くの社会人修了生の皆さまにご出席いただけるよう、社会人学生が多く在籍する研究科の修士課程を対象とし、今年はじめて実施されたものです。

学位授与式および大学院学位記交付式にて、約6700人が学部、大学院、通信教育課程から旅立ちました。

ご卒業された皆さんのご活躍を心からお祈りします。

(在学生の学年は式典当時のものです)

会場となった日本武道館

会場となった日本武道館

田中優子総長は卒業生へ「自ら学び、決断し、選んでいく生き方こそ『自由を生き抜く』ことです。ぜひそのことを心にとどめてください」と告辞を述べた

田中優子総長は卒業生へ「自ら学び、決断し、選んでいく生き方こそ『自由を生き抜く』ことです。ぜひそのことを心にとどめてください」と告辞を述べた

原氏は祝辞で「充実した人生を送るには、未来を自分たちで切り開き、社会に新しい価値を創出して社会貢献する事が必要になります」とメッセージを贈った

原氏は祝辞で「充実した人生を送るには、未来を自分たちで切り開き、社会に新しい価値を創出して社会貢献する事が必要になります」とメッセージを贈った

午前・午後とも司会を務めた卒業生の山川麻衣子さん(経済学部・左)と原田修佑さん(文学部・右)

午前・午後とも司会を務めた卒業生の山川麻衣子さん(経済学部・左)と原田修佑さん(文学部・右)

卒業生に向け在学生送辞を述べる成毛恭平さん(社会学部3年)

卒業生に向け在学生送辞を述べる成毛恭平さん(社会学部3年)

卒業生を代表し答辞を述べる中西正明さん(スポーツ健康学部)

卒業生を代表し答辞を述べる中西正明さん(スポーツ健康学部)

卒業生に向け在学生送辞を述べる完倉舞さん(国際文化学部3年)

卒業生に向け在学生送辞を述べる完倉舞さん(国際文化学部3年)

卒業生を代表し答辞を述べる神永典明さん(法学部)

卒業生を代表し答辞を述べる神永典明さん(法学部)

2015年度法政大学大学院学位記交付式の様子

2015年度法政大学大学院学位記交付式の様子

ご卒業、おめでとうございます

ご卒業、おめでとうございます