HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 能楽研究所シンポジウム「哲学・医学・能」開催(11/24)


野上記念法政大学能楽研究所主催シンポジウム
「哲学・医学・能 ―よく生きるためのまなびとあそび― 」開催
「魂」や「いのち」を哲学・医学・能の視点から考える

2018年10月26日

イベントパンフレット<PDF / 1.3MB>

野上記念法政大学能楽研究所(以下、能楽研究所)では11月24日(土)法政大学市ケ谷キャンパスで、哲学や医学の専門家とともに能について考えるシンポジウム「哲学・医学・能」を開催します。

能楽研究所が2013年4月に文部科学省認定を受けた「能楽の国際・学際的研究拠点」の第一期が2019年3月で終わります。能楽研究所ではこの5年あまり、能楽研究のフィールドを拡げるべく、国内外で活躍するさまざまな分野の研究者・実演者との協力や、共同研究を進めてきました。コンピュータでの謡分析、CGによる演能空間の復元、ロボットデザインへの応用等、新しい研究も動き出しています。

当シンポジウムは、こうした拠点の活動を踏まえ、次のステージに向けてさらにもう一歩、踏み出してみようと企画したものです。当日は医学・哲学の分野でそれぞれ新しい風を起こしているお二人を迎え、参加者の皆さまとともに、さまざまな方向から考えてみたいと思います。

日時

2018年11月24日(土)14:00~18:00(開場13:30)

場所

法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナードタワー26階 スカイホール(東京都千代田区富士見2-17-1)
(アクセス)市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分

プログラム

14:00 趣旨説明

14:10 「夢の感覚・この場所の記憶 ―夢幻能のしくみと魅力― 」 山中玲子(野上記念法政大学能楽研究所所長)

14:40 「能楽と医学の接点 意識のあわい」 稲葉俊郎(東京大学附属病院循環器内科医助教)

15:50 「魂と風と聖霊と」 山内志朗(慶應義塾大学文学部教授)

16:45 ディスカッション

参加

参加費無料、要事前申込(先着180名)

 

本件に関するお問合せ先

野上記念法政大学能楽研究所

TEL 03 (3264) 9815

FAX 03 (3264) 9607

E-mail nohken@ml.hosei.ac.jp