HOME > ニュース > 法政大学について > 法政大学市ヶ谷キャンパスにおけるアスベスト除去工事について


法政大学市ケ谷キャンパスにおけるアスベスト除去工事について

2019年06月26日

(市ケ谷)55・58年館建替工事の工事エリア内におきまして以下のとおりアスベスト除去工事を行います。

本工事においては石綿障害予防規則、大気汚染防止法や東京都環境確保条例等の関係法令に基づき、安全かつ確実に完全除去作業を行っております。環境省のアスベストモニタリングマニュアルの測定方法に基づいて測定・モニタリングを行いながら、安全衛生管理と粉塵飛散防止措置を徹底しております。

引き続き本工事へのご理解とご協力をお願いいたします。

 場所  アスベスト含有物  期間
 55年館B1階発電機室  天井・壁  6月
 55・58年館B1・3・4階の室内  配管保温材・ダクトパッキン  7月~8月
 55年館B1~7階の室内  配管エルボ・ダクトパッキン  8月~10月
 58年館北側の外壁  スレート板  7月
 55年館の外壁  ECP・外壁スレート板・バックボード  12月~2020年3月

【アスベスト除去作業はすべて関係者以外立ち入り禁止の工事エリアで行います】

本件の問い合わせ先

法政大学施設部環境施設課:shisetsuka(at)hosei.ac.jp

※(at)は@に置き換えてください。