HOME > ニュース > 法政大学について > 【訃報】鬼塚豊吉 元総長代行 逝去のお知らせ


【訃報】鬼塚豊吉 元総長代行 逝去のお知らせ

2019年06月14日

本学元総長代行・元常務理事である鬼塚豊吉名誉教授が、去る6月2日に逝去されました。(享年86歳)。ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

鬼塚豊吉元総長代行は、1969年4月に本学経営学部に研究助手として着任、同年9月に東京大学大学院経済学研究科博士課程を単位取得退学し、その後、1971年4月に同専任講師、1973年4月に同助教授、1980年4月以降は同教授として、長く本学で教鞭をとられました。 

学内では、1988~1990年に本学経営学部長、1990~1999年に本学常務理事を務め、その在任期間中、当時の阿利莫二第14代総長が1995年3月に任期途中で辞任されたため、1995年4月から同年5月まで総長代行を務め、次期総長の下森定第15代総長にバトンを渡す役割も果たされました。また、本学評議員として1988年~1999年及び2002年~2014年の23年の長きにわたって務められ、本学に多大な貢献をされました。

専攻は国際経済論、現代イギリス経済で、『現代世界経済論』(東京大学出版会,1973年,共著)『現代経済と国家(上)』(日本評論社,1979年,共著)、『現代国際経済』(東京大学出版会,1984年,共著)、『国際的連関 焦点と回路-国際的連関(シリーズ世界経済1)』(お茶の水書房,1986年,共著)、『日本電子産業の海外進出』(法政大学出版局,1987年,共著)、『ヨーロッパ 独自の軌跡(シリーズ世界経済3)』(お茶の水書房,1988年,共著)など、多数の編著や論文を刊行されました。

なお本学では、後日、「お別れの会」を執り行います。日程等が決まり次第、本学ホームページ等で、お知らせいたします。

2019年6月14日
法政大学