学生

最新記事

「鳥人間コンテスト※に参加して、自分たちが作った滑空機をより遠くへ飛ばすことを目標に活動しています」と語るのは、設立48年を誇る「航空工学研究会HoPE」の前会長を務めた笠原さん。同コンテストの厳しい書類審査に4年ぶりで合格し、念願だった18回目の出場を勝ち取るという大役を果たしました。「その影響で部員が増えました。他の学科やキャンパスのメンバーもいるので、今後が楽しみです」と笑顔を見せます。

続きはこちら

バックナンバー