文学部について

文学部100周年記念事業

文学部について

法政大学文学部は、1922年に法文学部の中に文学科と哲学科が設置されてからまもなく100周年を迎えます。現在は哲学科・日本文学科・英文学科・史学科・地理学科・心理学科の6学科が設置され、毎年600名余りの卒業生を社会に送り出しています。卒業生は文学部で学んだことをもとにさまざまな方面で活躍しています。

文学部では、2022年4月に100周年を迎えるにあたって記念事業を実施することとなりました。文学部の卒業生や教員を中心としてこの間の歴史を回顧し、相互の親睦を深めるとともに、文学部の未来について展望する機会を設けたいと考えております。

なお、100周年記念事業は法政大学文学部同窓会の協力を得て進めていく予定です。

今後のお知らせにどうぞご期待ください。