HOME > 在学生の方へ > 学部・大学院からのお知らせ > 市ケ谷リベラルアーツセンターからのお知らせ > ニュース > 市ヶ谷基礎科目の進級再試験(法・文・経営・国際文化・人間環境・キャリアデザイン)


2017年度市ヶ谷基礎科目の進級再試験について

2018年02月28日

 2017年度市ヶ谷基礎科目の進級再試験の参照は下記のとおりです。

英語 参照不可
ドイツ語 辞書一冊のみ参照可(種類は問わない・電子辞書も可)
フランス語

参照不可

<3/5(月)追記>

・出題範囲

複合過去の文が基本動詞で作れるようにしておくこと。

基本動詞の活用が書けるようにしておくこと、また名詞や形容詞の性と数の一致の練習をしておくこと。

 

ロシア語 参照不可
中国語

参照不可

・出題範囲:『ポイント学習中国語初級』(東方書店)の全範囲

 

スペイン語

参照不可

・出題範囲

<3/5(月)修正>

修正前「現在形の動詞の活用および意味」

修正後「現在形・点過去形・再帰動詞の活用および意味」

 

朝鮮語

・朝鮮語1と朝鮮語2について

 参照不可、試験時間は90分、まとめて1つの問題とし、それで2科目の合否を決定する

 試験範囲『しくみで学ぶ初級朝鮮語』1冊 ただし以下の箇所をのぞく
   *朝鮮語を学ぶにあたって(p.14~15)
   *コラム 文字の順序と名称(p.54~55)

朝鮮語3の参照可否・試験範囲については未定(後日掲載)

 3月1日(木)追記

 参照不可、試験範囲『基礎から学ぶ韓国語講座 中級 改訂版』6~10課
 (ただし単語問題は「ボキャブラリーバンク」1,4,5,9課)

 

日本語

電子辞書および紙媒体のものすべて参照可

注意事項

  • 電子機器(電子辞書含む)は特に記述がない限り、持ち込み・参照不可。
  • 電子辞書(許可された科目のみ)は通信機能のないものに限る。
  • 試験時間は特に記述がない限り60分。