生命機能学科

金子 智行 教授 KANEKO Tomoyuki

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
細胞機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
再構成細胞学研究室:構成的アプローチによる細胞の再構成系や細胞間相互作用の制御法を用いて、細胞の構造やメカニズム、集団化効果を解明することを目指した研究

川岸 郁朗 教授 KAWAGISHI Ikuro

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
細胞機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
細胞機能学研究室:細菌表層のセンサー蛋白質群が環境変化を感知し、その情報を細胞内超分子システムが処理する仕組みを、単一細胞・分子レベルで解明することを目指した研究

佐藤 勉 教授 SATOH Tsutomu

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
ゲノム機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
分子遺伝学研究室:原核生物の環境変化に応答して起こる細胞分化の過程を分子レベルで解析し、細胞分化の遺伝子ネットワークの全体像を解明することを目指した研究

常重 アントニオ 教授 TSUNESHIGE Antonio

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
グローバル化担当
ゼミナールまたは研究テーマ
蛋白質科学研究室:蛋白質間、蛋白質・低分子化合物の相互作用の新しいアロステリーモデルの検証、異種生物間のキメラ蛋白質の構造機能解析、水和水の蛋白質機能への影響の解明、人工酸素運搬体の開発を目指した研究

廣野 雅文 教授 HIRONO Masafumi

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
細胞機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
分子細胞生物学研究室:蛋白質分子が集合して中心体や繊毛などの規則的な細胞内構造を構築する仕組み、それらが細胞分裂、運動、細胞間情報伝達に働く仕組みの解明を目指した研究

水澤 直樹 教授 MIZUSAWA Naoki

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
一般生物学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
光合成研究室:光合成生物を題材に、光合成酸素発生、光合成装置の環境ストレス耐性、光合成装置の分子構築など、その仕組みが未解明な現象の分子レベルでの解明を目指した研究

山本 兼由 教授 YAMAMOTO Kaneyoshi

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
ゲノム機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
ゲノム生物学研究室:細菌を題材に、生物のゲノム全遺伝子の発現プログラムが環境に応じて変化し、多様な適応能を示す仕組みを、分子レベルで理解することを目指した研究

今村 大輔 准教授 IMAMURA Daisuke

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
ゲノム機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
微生物細胞機構学研究室:細菌の細胞分化の仕組みを分子レベルで解明することにより、生物の持つ生存戦略やその原理を理解することを目指した研究

雲財 悟 准教授 UNZAI Satoru

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
蛋白質機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
蛋白質構造学研究室:蛋白質同士が相互作用することで機能を発揮するメカニズムを、生物物理の実験手法を用いて解明することを目指した研究

曽和 義幸 准教授 SOWA Yoshiyuki

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
蛋白質機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
超分子機能学研究室:細胞運動に関わる生体超分子のエネルギー変換・情報伝達機構を、単一分子レベルで解明することを目指した研究

西川 正俊 准教授 NISHIKAWA Masatoshi

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
細胞機能分野
ゼミナールまたは研究テーマ
細胞メカニクス研究室 : 細胞骨格が形態形成を実現する仕組みについて、物理的に解明することを目指した研究

伊藤 賢太郎 専任講師 ITO Kentaro

  • 生命科学部 生命機能学科
専攻
応用数学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
数理モデリング研究室:粘菌をはじめとするさまざまな生物の振る舞いのメカニズムを、数学とシミュレーションにより解明することを目指した研究

環境応用化学科

明石 孝也 教授 AKASHI Takaya

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
無機材料化学、固体電気化学、高温材料化学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)固体酸化物燃料電池構成部材の耐久性向上 / (2)セラミックス被覆による構造材料の耐久性向上 / (3)長寿命の排ガス浄化触媒の開発 / (4)都市鉱石からのレアメタルの分離・回収

石垣 隆正 教授 ISHIGAKI Takamasa

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
材料化学、プラズマ化学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)プラズマ、超音波などの化学プロセスを利用したセラミックス・金属ナノ粒子の合成 / (2)ナノ粒子を分散した光・電子・磁性機能材料の作製 / (3)ナノ構造環境・エネルギー材料の開発

尾池 秀章 教授 OIKE Hideaki

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
高分子トポロジー化学、有機材料化学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)高分子の「かたち」を設計する方法論の開発 / (2)非共有結合性相互作用を利用する有機材料の開発 / (3)光学活性な分子の構造と認識に関する研究

緒方 啓典 教授 OGATA Hironori

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
物性化学、機能性物質化学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)各種分光学的手法を用いた物質の機能発現機構の解明 / (2)機能性マテリアルを用いたエネルギーデバイス応用 / (3)低環境負荷型高機能性ナノマテリアルの開発と物性研究 / (4)バイオマスを利用した機能性物質の開発

河内 敦 教授 KAWACHI Atsushi

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
有機典型元素化学、有機金属化学、有機合成化学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)新規有機ケイ素およびホウ素化合物の合成と構造化学的研究 / (2)典型元素の特性を生かした新規反応の開拓と有機合成化学的利用 / (3)典型元素の特性を生かした機能性物質の開発

杉山 賢次 教授 SUGIYAMA Kenji

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
高分子合成化学、高分子表面科学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)環境応答性インテリジェント・マテリアルの開発 / (2)異相系ポリマーの自己組織化によるナノ・ファブリケーション / (3)リビング重合法による新規官能基化ポリマーの精密合成

髙井 和之 教授 TAKAI Kazuyuki

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
物性物理化学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)ナノカーボン物質・原子層物質と異種物質間の界面相互作用を用いた環境・エネルギー変換材料の開拓 / (2)軽元素を用いた空間空隙制御による磁性体・触媒の開拓 / (3)π電子系物質の電子的機能発現の探求

森 隆昌 教授 MORI Takamasa

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
化学工学、粉体工学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)ナノ粒子スラリーの分散・凝集状態制御および評価 / (2)電場を利用した液中微粒子のケミカルフリー凝集技術の開発 / (3)高分子分散剤・バインダーの吸脱着機構の解析

山下 明泰 教授 YAMASHITA Akihiro

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
生体化学工学、生体内輸送現象論
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)携帯型人工腎臓の構築 / (2)ドラッグデリバリーシステムの設計、製作、評価 / (3)人工鼻の効果的な利用法 / (4)医療用・食品用分離膜の透過特性

渡邊 雄二郎 教授 WATANABE Yujiro

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
環境化学、環境材料化学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)無機複合体を用いた放射性物質の回収と長期安定化システムの開発 / (2)環境水の分析と資源循環型機能性材料による水質浄化 / (3)ゼオライト等無機多孔体を用いた環境保全型農業システムの開発

小鍋 哲 准教授 KONABE Satoru

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
物性理論
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)新規なエネルギー変換プロセス ( 光電変換、熱電変換 ) の開拓 / (2)ナノカーボン物質・原子層物質の新規物性とそれに基づく機能発現の探求

小安 智士 助教 KOYASU Satoshi

  • 生命科学部 環境応用化学科
専攻
材料化学、結晶工学
ゼミナールまたは研究テーマ
(1)溶液化学プロセスによる低コスト無機太陽電池の開発 / (2)溶液化学プロセスによるバルク単結晶育成技術の開発 / (3)第一原理計算による点欠陥の解析

応用植物科学科

石川 成寿 教授 ISHIKAWA Seiju

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
植物臨床医科学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
植物病の診断技術を開発するとともに、有用微生物などの収集、評価を行い、環境に配慮した独創的な予防・治療技術開発に取り組む
◆経歴:東京大学アグリバイオインフォマティクス人材養成ユニット特任助教、東京大学大学院農学生命科学特任准教授
◆主な業績:植物病原細菌ファイトプラズマの全ゲノム解読、フィアトプラズマの病原性因子の解析など

大島 研郎 教授 OSHIMA Kenro

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
植物ゲノム医科学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
ゲノム解析やトランスクリプトーム解析などの最新技術を活用して病原体の感染メカニズムを解き明かし、植物を病気から守るための新たな分子基盤を構築する
◆経歴:東京大学アグリバイオインフォマティクス人材養成ユニット特任助教、東京大学大学院農学生命科学研究科特任准教授
◆主な業績:植物病原細菌ファイトプラズマの全ゲノム解読、ファイトプラズマの病原性因子の解析など

佐野 俊夫 教授 SANO Toshio

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
植物栄養生理学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
植物無機栄養素の吸収と代謝の分子メカニズムを研究し、植物生理障害の予防と診断技術および食品機能面での有用作物を開発
◆経歴:東京大学大学院新領域創成科学研究科助教、フンボルト財団奨学生
◆主な業績:カリウムイオンチャンネル活性制御による細胞増殖機構の解析、蛍光タンパク質を用いた植物細胞内構造可視化系の確立

津田 新哉 教授 TSUDA Shinya

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
植物医科学・植物ウイルス学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
植物病原体の伝染環で起こる生命現象を解明し、その反応を制御する環境に優しい防除技術を開発することで持続可能な農作物生産を支援する
◆経歴:茨城県農業総合センター生物工学研究所、カリフォルニア大学バークリー校客員研究員、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構中央農業研究センター病害研究領域長
◆主な業績:トマト黄化えそウイルスの生物学的および血清学的性状の解析とその応用、臭化メチルから完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発、ピーマンモザイク病を予防する植物ウイルスワクチンの開発、持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発など

濱本 宏 教授 HAMAMOTO Hiroshi

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
植物病理学・植物医科学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
植物病の診断・治療・予防の基盤技術構築・先端技術開発を行うとともに、バイオテクノロジーを用いた植物病抵抗性育種に取り組む
◆経歴:理科学研究所植物科学研究センターチームリーダー、東京大学大学院農学生命科学研究科特任准教授
◆主な業績:植物病原菌類の薬剤抵抗性の分子診断法の開発、植物ウイルスベクターを用いた機能性植物の作成

大井田 寛 教授 OIDA HIROSHI

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
応用昆虫学、植物医科学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
植物を加害する昆虫、ダニ類の診断技術の開発や生態解明、天敵生物の能力評価、環境保全型害虫管理技術の開発などを通じ、現場への寄与を目指す ◆経歴:千葉県農林総合研究センター病理昆虫研究室研究員、同 最重点プロジェクト研究室上席研究員、千葉県立農業大学校病害虫専攻教室教員 ◆主な業績:施設園芸や露地ネギにおける難防除微小害虫の生物的防除技術の開発、緑肥作物などを活用した輪作体系における病害虫管理技術の開発

越智 英輔 准教授 OCHI Eisuke

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
運動生理学・運動生化学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
運動・トレーニングによって引き起こされる筋肥大や筋損傷のメカニズムを個体から細胞レベルで解明し、スポーツ指導や健康づくりの現場に応用する
◆経歴:明治学院大学准教授、岡山大学専任講師
◆主な業績:骨格筋の肥大および萎縮に関する研究

小畑 美貴 准教授 OBATA Miki

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
理論言語学・言語心理学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
ヒトの脳内に備わっていると考えられている「言語能力」、特に文構造構築に関わる計算システムの解明に取り組む
◆経歴:三重大学人文学部 准教授、東京理科大学理学部 准教授
◆主な業績:人間言語の文生成過程における統語演算の仕組みの解明、文処理過程における作業記憶の働きの解明

廣岡 裕吏 准教授 HIROOKA Yuuri

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
植物寄生菌学・菌類分類学・菌類生態学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
植物病害発生環境に存在する多様な菌類を形態学や分子生物学など多面的手法を用いて明らかにし、迅速かつ正確な植物病害診断や防除法を開発する
◆経歴:アメリカ農務省客員研究員、カナダ農務・農産食品省客員研究員、メリーランド大学客員研究員、森林総合研究所非常勤特別研究員
◆主な業績:植物病原菌類の病原性・分類・生態・進化に関する研究、樹木医に関する研究など

鍵和田 聡 専任講師 KAGIWADA Satoshi

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
植物病生理生態学分野
ゼミナールまたは研究テーマ
植物病の診断技術の開発と植物病原微生物の同定法の確立、および微生物が植物に病気を生じさせる際の分子レベルでのメカニズムの解明を行う
◆経歴:日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院農学生命科学研究科学術研究支援員、同研究科寄付講座教員
◆主な業績:植物ウイルスの病徴決定因子に関する研究

黒川 哲治 講師 KUROKAWA Tetsuji

  • 生命科学部 応用植物科学科
専攻
環境経済学・環境政策論・農業経済学
ゼミナールまたは研究テーマ
国内外の食・農・環境問題がもたらす経済的な影響やそれらに対する施策等について、社会科学(主に経済学)的な見地から研究に取り組む。 ◆経歴:明海大学講師、法政大学生命科学部兼任講師 ◆主な業績:経済学的な視点による生物多様性保全のための外来種対策に関する研究、環境保全型農業を通じた生物多様性保全施策に関する研究