学部長メッセージ

文学部長

 文学部長 小秋元 段

 法政大学文学部は1922年に創設された、長い伝統をもつ学部です。大正デモクラシーの機運を背景に、夏目漱石門下の野上豊一郎(英文学)・安倍能成(哲学)ら気鋭の学者が、自由な学風を重視する学部として基礎を築きました。

 以来、95年。文学部は個性ある教授陣と学風によって、人文科学の発展と創造力のある学生の育成に貢献しています。

 現在、文学部は哲学・日本文学・英文学・史学・地理学・心理学の6学科より構成されています。各学科の教育・研究領域は異なりますが、人と文化の本質を追究するという点では、共通する目標をもっています。

 そして、ゼミナールと卒業論文を必修科目とし、調査・研究・発表能力の養成に重きを置いていることも、各学科に共通する特徴です。学生と教師の深い交流のなかで、学問的にも人間的にも豊かに成長できる場を、文学部は提供しつづけます。