心理学科の内容

みなさんは「心理学」ってどんな学問だと思っているでしょうか。まず、大学で学ぶのは「学問」であり、心理ゲームや占いのようなことをやっているわけではありません。「こころ」という目に見えない・触れることのできないものを明らかにするために、科学的な方法(実験、観察、調査、検査、面接など)を用いて、客観的なデータを収集し、分析するのが「心理学」なのです。

法政大学文学部心理学科の第一の理念は、人の「こころ」のメカニズムを理解することにあります。我々が外界を認識し、適切に行動するためのしくみを明らかにするのが、認知系の分野です。

第二の理念は「こころ」の発達過程を探求することです。発達過程を知ることは、我々が自分自身を理解することにつながります。これが発達系の分野になります。

第三の理念は、「こころ」について理解を深めることで、みなさん自身の人生を豊かに意義深いものにするための方策を模索することです。心理学は「心の病」を持った人にだけ役立つのではなく、社会全体の健康な人がよりよい人生を送れるようなヒントをもたらすものなのです。

また、心理学は認知科学の一領域です。本学科では、脳科学や言語学、哲学、情報科学と連携を取れるようなカリキュラムを実現しています。ぜひ学際的に学んでください。

卒業後の進路や職業

大学で心理学を学んだら、どんな仕事に就けるのでしょうか?

心理学科を卒業した学生さんの進路は多種多様です。ほとんどの職業は何らかの形で人と関わります。ですから、人に関する専門的な知識を心理学として習得すれば、ほとんどすべての職業でこの専門性を活かすことができます。

ここでは心理学科の前身である教育学科心理コースを卒業した二人の先輩と、学部を卒業してさらに大学院に進学する二人の先輩の声を載せました。本学科で心理学の基礎を学び、卒業後、それをさらに展開し、発展させていこうとしている卒業生の方々です。心理学科への入学を考えている皆さんにとっては、将来を思い浮かべる参考になることでしょう。

自閉症の子どもたちと働く

小片 亜衣さん 2002年教育学科心理学コース卒業
コロロETセンター:療育指導員

私が本大学を受験した動機は「心理学が学びたい」という一心からでした。実際に、心理学を学んでみると、想像と異なる部分もありましたが、心理学の科学的な側面に惹かれ、「もっと勉強したい」と思い大学院に進みました。本大学の教育学科では、心理学の様々な分野を学ぶことができたので、自分がどのようなことに興味があるのかということをじっくりと考えることができました。そのような中で、私は子供の心理を研究する発達心理学に興味を抱き、自閉症の方に関わる仕事がしたいと考えるようになっていきました。現在は、自分の希望する仕事に就いていますが、日々の仕事の中でも自閉症を科学的に見るという大学時代に培った視点が役立っています。

専門家として病院で働く

北野 明宏さん 2003年教育学科心理学コース卒業
日向台病院:ソーシャルワーカー・精神保健福祉士

私は現在、精神科病院のデイケアでソーシャルワーカーとして勤務しています。法政大学卒業、1年間養成校へ通い、精神保健福祉士の国家試験に合格して、現在の仕事に就いています。精神障害者の方のデイケアを中心に日常生活問題や就労等に関する相談に応じ、社会復帰等に向けた支援をしています。大学では、心理学にとどまらず生理学や脳科学等の多様な分野を学ぶことができ、卒論で行った脳波の測定などは、今の仕事に大いに役立っています。

臨床系の大学院へ進む

田丸 勇祐さん 2007年心理学科卒業
法政大学人間社会研究科臨床心理学専攻へ進学

大学とはどういった場所なのか。どんな学部・学科を選択するにせよ入学する前にみなさんが一度は考える事だと思います。大学は非常に自由で、本人次第で多くの貴重な経験を得ることができる場所です。また心理学科は客観的に自分を見つめ直す機会が多いため、大学生活を送っている間に自分が興味を持っていること、将来にやりたいこと等が変わってくるかと思います。私もその1人で、多摩にある人間社会研究科の臨床心理学専攻に進学することとなりました。法政大学の心理学科は認知・発達・生理など心理学の数多くある分野を幅広く学ぶことができるのが最大の特長で、様々な進路先で役に立つスキルを身につけられるだけでなく、将来心理学の特定の分野を研究したいと考えている人にも良い土台となるはずです。大学4年間で自分の興味のある分野を見つけ、焦らず自分のペースで将来について考えてみてほしいと思います。

基礎系の大学院へ進む

五十嵐 拓也さん 2007年心理学科卒業
法政大学人文科学研究科心理学専攻へ進学

私が心理学科に入学した理由は「心理学って面白そう」という単純なものでした。そのため、初めの頃は心理学なのに統計の授業があることや、心理学の領域の幅広さなど、意外なことばかりで、戸惑ながらのスタートでした。本学科では心理学の基礎から応用までの様々な領域を学び、音声の分析や脳波を測定するという経験もできました。また、物の考え方や人間関係など、心理学以外の事もいろいろ勉強になりました。そうしていろいろなことを学んでいくうちに、心理学をもっと勉強したいと考えるようになり、大学院に進むことを決めました。大学院では今まで心理学科で学んだことを深め、卒業論文のテーマであった読書についてさらに研究していくつもりです。そして、大学院で学んだことをこれからの人生で活かしていけたらよいと思っています。

卒業論文

  • 大学生における恋愛関係とセルフ・モニタリング傾向
  • 自己開示および開示後の応答がストレス低減に与える影響とその性差
  • 香りから想起される意味情報とイメージ色の関係
  • 他者認知における妬み感情は自尊感情や親密度とどのように関係するか
  • 違反防止メッセージの効果の比較 ― 違反行為の罰則を明記したメッセージと違反行為による周囲の迷惑を明記したメッセージ ―
  • 認知カウンセリングの知見に基づいた,概念,図式の言語的記述を促す学習指導の効果―中学生の数学授業を通して ―
  • チョコレートが心理的疲労感および生理的指標に及ぼす効果
  • 大学生の卒業論文作成時の認知が精神的健康に与える影響
  • カフェインの濃度が心拍数と計算能力および記憶力に与える影響
  • 音楽聴取による覚醒水準の変動について― 脳波から見る興奮・鎮静作用 ―
  • 大学生における不眠傾向と外向性・内向性の関連
  • 音楽聴取が自律神経変化にどのような影響を及ぼすか― 心電図のR-R間隔から ―
  • 友人関係のあり方と対人感情がストレス反応にどのような変化を及ぼすか
  • 大学生における生活習慣とストレス,およびQuality of Lifeの関係
  • 歯科治療刺激映像が自律神経活動に及ぼす影響
  • 高校生と大学生の学業における先延ばし意識特性の検討
  • 高校生における自己開示が顔文字の使用に及ぼす影響
  • 青年期のアイデンティティと個人の文脈および活動間の葛藤の関係
  • 児童期における感情表出の制御に関する理解の発達
  • 中学生におけるゆるし傾向性と部活動への参加状況
  • 幼児の性格特性の理解と一貫性について
  • 幼児の異年齢葛藤場面における故意性の有無が社会的問題解決方略に及ぼす影響
  • 公平性と性差が社会的比較における嫉妬感情に与える影響
  • 中学生の学習観と親の学習観の類似性の検討― 子どもの認知の観点から ―
  • 大学生の友人関係のあり方と大学適応との関連
  • ステレオタイプ抑制に関する研究― プライミングとステレオタイプ内容モデルに着目して ―
  • 顔見知りに対する自己開示の程度とその後の気持ちの検討 ― 開示のきっかけに着目して ―
  • 塾における教師の言葉かけが中学生の学習意欲に及ぼす影響 ― 自己評価能力と理由認知との関連から ―
  • 大学生の友人関係における要求の拒絶と印象との関連
  • 価格情報が化粧水の評定に及ぼす影響― 女子大学生を対象として ―
  • テレビコマーシャルのちら見を誘発する変数の探索
  • オンラインショップの選択におけるポイント還元と現金割引の価値比較
  • お菓子の商品名がtwitterを使ったクチコミに及ぼす影響  ― 食感とオノマトペの一致不一致による違い ―
  • 犯罪者顔ステレオタイプが虚再認に及ぼす影響
  • 愛情再確認傾向が恋愛関係に及ぼす影響
  • 部屋の特徴と他者からの印象による居住者の性格の推定
  • 二次元・三次元キャラクターの分類とその対応関係
  • 拐取事件において状況要因が被害者の生死に及ぼす影響
  • 顔と声の類似性が人物同定に及ぼす効果
  • 結晶化傾向と会う回数が恋愛に及ぼす影響
  • ソーシャルスキルと感情のリテラシーが友人への援助要請に及ぼす影響
  • キャラクターのプロフィール情報が印象と好意度に与える影響
  • ブランドパーソナリティがカフェの店舗選択に及ぼす影響
  • 気晴らしの有効性認知,抑うつ,及び自尊感情との関連に気晴らしへの依存状態が及ぼす影響
  • 強制的承諾が態度と感情に与える影響― セルフ・モニタリングの個人差と認知的不協和の大小を要因として ―
  • 会話者の関係についての推測と観察者自身の持つ印象との関連について
  • 仮想的有能感と自尊感情及び自己肯定意識との関連の検討
  • 単語の提示時間が指示忘却に与える影響
  • 中高齢者における社会活動の関連要因の検討― 福島県郡山市湖南町でのインタビュー調査から ―
  • 子どもの名付け行動に対する意識とその関連要因の検討
  • 営業職に従事する勤労者を対象としたストレスコーピングについて
  • 音楽は活動的な感情を喚起するか?
  • 大学生競技者のスポーツ傷害と痛みの程度・痛み対処方略の関連性の検討
  • 大学生競技者を対象とした理想のリーダー像・サブリーダー像
  • 企業の管理職に求められているコミュニケーション ― 上司と部下の理想的なコミュニケーションを探索する ―
  • インターネット利用動機と孤独感・主観的幸福感についての関連性について
  • オーケストラの演奏者を対象とした演奏パフォーマンスに対する効力感の関連要因