日本文学科の特徴

少人数教育で本物の国語力を

少人数教育で本物の国語力を

日本人全体の国語力の低下が叫ばれています。情報を正しく受け止めて、自分なりに思考し、結論を的確に表現する―これが大学で要求される「国語力」です。日本文学科では1年次に少人数制の国語力養成講座「大学での国語力」を開講し、〈読む〉〈聞く〉〈書く〉〈話す〉力を養います。また、この科目では高校までとは異なる大学での〈学び〉をマスターすることも目指します。2年次からはゼミナールがスタートし、専門分野の研究を深めていきます。ここでは調査・研究能力のほか、プレゼンテーションの力を磨きます。

個性豊かな3つのコースと20以上のゼミナール

日本文学科のカリキュラムは高い専門性を身につけるため、2年次より〈文学〉〈言語〉〈文芸〉の3つのコースに分かれます。学生はこのうちの1つのコースに籍を置き、そのコースに設置されているゼミナールに所属します。各ゼミは20名以下の少人数制をとっており、4年次には卒業論文・卒業制作に取り組みます。優秀な論文・作品は、法政大学国文学会の学会誌『日本文學誌要』や文芸誌『法政文芸』に掲載されるほか、専門誌(『三田文学』など)に発表されることもあります。ゼミでは合宿や研修旅行などが企画され、教室以外での交流も大切にされています。

文学コース

日本の文学作品の数々を読むことにより、作家の精神、時代の思想、文化の諸相など、幅広いテーマを探求するのが文学コースです。

ここでは古代から近世にいたる古典文学をはじめ、近・現代の文学の特徴を基礎から学びます。また、中国文学、児童文学、沖縄文芸、ジェンダー論、能楽、演劇、日本音楽史など、日本文学を考えるうえで関連深い分野も研究することができます。「文学」という小さな殻に閉じこもらず、「文化」という広い視野で日本の文学をとらえるところが、文学コースの最大の特徴です。なお、文学コースには10以上のゼミが設けられ、時代やジャンルごとに作品を読む力、時代や文化を洞察する力を養います。

言語コース

日本語の歴史、現代日本語の諸相、言語学から見た日本語など、「言語」の複雑さ、面白さを様々な角度から研究するのが言語コースです。

『古事記』や『万葉集』などからうかがえる古代の日本語や、『おもろさうし』からうかがえる沖縄の古語など、各時代・各地域における言葉の変遷を探る古典語研究。いま私たちが使っている日本語を冷静な立場から調査・分析する現代語研究。アメリカの言語学者、チョムスキーが提唱した「生成文法」理論(現代の言語学に大きな影響を与えた、文を生み出す規則性に関する理論)を中心に学ぶ言語学研究。4つのゼミではこれらのテーマをとりあげ、日本語の魅力に迫ります。

文芸コース

作品を解釈・鑑賞するだけではなく、自ら作品をつくりあげたいという学生のために設けられたのが文芸コースです。

文芸コースには5つのゼミがあり、第一線で活躍している作家や文芸評論家が指導にあたっています。ここでは小説を中心にプロットや表現の方法を学んだうえで、実際に作品を書き、生きた言葉を身につけていきます。書き上げた作品は教員・学生間で自由に批評しあい、作品を見極める力も養います。卒業制作では小説・詩・戯曲などに取り組みます。多くのゼミでは毎年ゼミ誌を発行しています。

広がる授業の選択肢、専門科目を夜時間帯にも設置

昼時間帯の中だけで卒業に必要な科目をすべて履修することもできますが、夜時間帯においても数多くの科目が開講されており、日本文学科の学生は1~7限に設置された科目を自由に履修することができます。

卒業生から

在学中は「源氏物語」の研究をしていました。数多くある文献や文中の中から、自分に必要な情報を整理し、まとめていく作業が今の仕事に役立っています。幅広い知識をつけられる時期は学生の時しかありません!法政大学では、他学部・他学科の授業をたくさん受講できます。学生生活の中で、様々な経験をし、自分のやりたいことや興味のあることを見つけてほしいと思います。

大鶴 恵さん
2011年度卒業
積水ハウス株式会社

卒業生から

日本文学科の学びは、得意先をはじめ、社内でのやりとりにおいて、相手の意図を汲み取り発言するという「対話」に役立っていると感じています。直接的に仕事に活かせる技術や技能ではないかもしれませんが、内面的な成長を促すことができるのが、「文学を学ぶ」ということなのだと思います。つまり、「就職するためだけ」ではなく、就職を終着地点にはしない、そんな「学び」がそこにはあるのではないでしょうか。

名村 峻さん
2011年度卒業
大日本印刷株式会社

日本文学科で取得できる資格

中学校教諭一種免許状(国語)、高等学校教諭一種免許状(国語)、図書館司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員、社会教育主事