史学科の特徴

歴史学とは

歴史学とは

学校の授業で学んだ特定の人物や時代に惹かれて、大河ドラマや歴史ドキュメント番組を見て、歴史上の事件や人物を題材とした小説や漫画にふれて…。史学科とは、さまざまなきっかけで歴史に興味を持った人たちが、歴史を深く学ぼうと集まる場です。史学科で歴史を学ぶこと、それは知識を吸収する、時代の出来事を暗記するといった覚える勉強ではありません。史学科で学ぶ歴史学は、多角的に研究し、深く理解し、自分のルーツや自分自身を考え、さらに21世紀を考える、つまり考える学問なのです。

分野別コース

「にっとうせい」。これは史学科を象徴する言葉です。「日東西」と書き、日本史、東洋史、西洋史という3分野の頭文字をつないだものです。2年次からこの3分野のいずれかに所属して学びます。しかし、学習がせまい領域にかたよらないように、多種多様な選択科目を用意して幅広い学習を応援しています。

演習(ゼミ)

演習とは、2年次以上の学生が少人数制で教員の指導のもとに発表し質疑応答する形式の授業をいいます。通常はこれをゼミと呼んでいます。授業以外に、ゼミ単位で合宿をしたり懇親会を催したり、公私にわたって交流を深め、共に学び合います。日本史分野には7つのゼミ、東洋史分野には2つのゼミ、西洋史分野には3つのゼミ、合計12のゼミがあります。そして、ゼミ担当の教員が卒業論文を指導、審査します。

資・史料学 外書講読

考古学および古代史から現代史までの日本史分野では遺物や古文書を、東洋史、西洋史の両分野では外国語の文献をそれぞれテキストにして学ぶ科目があります。ときには、遺物や古文書の貴重な実物に接したり、学外の施設を利用したりして学ぶこともあります。学習をいっそう深化させ、かつ進化させることをねらいとする科目です。

教員と学生の交流

日常的な交流の他に、教員も学生も共に法政大学史学会という学術団体に所属して、研究発表会や史跡巡りに参加する機会もあります。そうした場では、大学院や通信教育部に所属する学生、さらには各界で活躍する卒業生との交流も得られます。なお、学生に開かれた参考図書室、共同書庫があり、学生の自発的な活動を応援しています。

卒業生から

就職活動は自分自身を見つめなおすこと

学校で学んできた歴史学を仕事に活かしたいと考え、現在の会社に就職。現在は、編集者としての基礎を学んでいるところです。就職活動は、自分を見つめ直す時期でもあると思います。いろいろな人の支えに感謝し、自分自身を恃む。何がやりたいのか、どのように生きたいのか、自分自身との格闘でした。不安や不安定な状況は、自分自身を成長させるチャンスです。皆さんも目標を高く、自ら進んで不安を楽しんでください。

大熊 啓太さん
2011年度卒業
株式会社吉川弘文館

卒業生から

歴史資料を読むときの心がけが今の仕事にも役立っています

業務渡航を専門に請け負う会社で海外出張のお客様を担当しています。お客様を無事お仕事へ送り出すためには、資料の新しさや信用性を見極め、丁寧に裏をとっていくことが必要です。これは歴史資料を読むときと同じ心がけだと感じています。仕事で法政大学出身の先輩に出会うと、自主の精神にあふれた素敵な方ばかりで誇らしく思います。先輩方に恥じない働きをするのを目標に「いつかは海外赴任!」の夢を抱いています。

福島 千晶さん
2009年度 史学科卒業
旅行会社勤務

史学科で取得できる資格

中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(地理歴史)、高等学校教諭一種免許状(公民)、図書館司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員、社会教育主事