史学科

歴史を多角的に研究し、自分のルーツや21世紀を考える。それが史学科の大きなテーマです。そして「にっとうせい」。これは史学科を象徴する言葉で「日東西」と書き、日本史、東洋史、西洋史の3分野の頭文字をつないだもの。2年次からいずれかの分野に所属して、歴史のロマンをより深く学びます。また、ゼミでは担当教授による少人数制ならではの、きめ細かな指導を受けることができます。

史学科の特徴

学校の授業で学んだ特定の人物や時代に惹かれて、大河ドラマや歴史ドキュメント番組を見て、歴史上の事件や人物を題材とした小説や漫画にふれて…。史学科とは、さまざまなきっかけで歴史に興味を持った人たちが、歴史を深く学ぼうと集まる場です。


史学科の内容

歴史には興味深い事実が無限にあります。私たちはそれを探すために、先人の残した遺物や文献を正確に読み解く勉強をします。それが歴史の本当の面白さを発見する道となるのです。